顧客は東京へ?北陸新幹線に焦る関西財界

長野―金沢ルート開通で、東京―金沢は2時間半に

北陸新幹線の開通が予定されるJR金沢駅。ガラス製巨大ドームが際立つ

2014年度末、「北陸新幹線」の長野―金沢(石川県)間がいよいよ開通する。東京―金沢間は現在、上越新幹線+在来線の特急はくたかを利用すると、約4時間。それが今度は、何と2時間30分で結ばれるというから、その時間短縮ぶりはすさまじい。

財界は関西延伸希望、米原ルートを提案するが…

これに焦りを感じているのは、今も鉄道と競い合っている、日本航空(JAL)や全日本空輸(ANA)などエアライン会社だ。

※記事初出時、「ANAが北陸エリアの人員を増員するなど、早くも手を打ってはいる。『九州新幹線の時もそうだった。われわれは増便など利便性や割引運賃の導入で対抗する』(篠辺修・ANA社長)」と記述しておりましたが、一部事実と異なる点がありました。お詫びして削除いたします。

新幹線とエアラインの選択には、“4時間の壁”という経験則がある。新幹線の移動時間が4時間を切ると、一気にエアラインからシェアが流れる、というものだ。東京―金沢間のシェアは、2010年時点で、鉄道36%vs航空機64%。この構図が大きく崩れる可能性が高い。

次ページ北陸新幹線が開通すると、意外なことが…
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。