五輪に茶の間は熱狂、でもテレビ局は「赤字」

高騰する放映権料、次の東京は660億円に

五輪だけではない。サッカーW杯でも高騰は顕著。2014年ブラジル大会は、南アフリカ大会から倍増の400億円になり、JCとともに放送してきた衛星放送のスカパーJSATは、価格高騰などを理由に中継を断念している。

民放連の井上弘会長(TBS名誉会長)は6月に「五輪に限らず、スポーツイベントの放映権料が高騰しているのは事実であり、非常に困っている。各社とも大規模なスポーツイベントの放送は赤字になっているのではないか」と言及。民放首脳からも「スポーツ中継の戦略を見直す必要がある」との声が上がる。

当記事は「週刊東洋経済」9月3日号 <8月29日発売>からの転載記事です

現在、テレビ広告費は回復基調にあるが、いまだリーマンショック以前の水準を回復できていない。広告費が伸び悩む中で、赤字のコンテンツを放送し続ける余裕はない。

五輪やサッカーW杯に加え、陸上、野球、バレーボールなどはいずれも、世界大会で高視聴率が期待できるコンテンツ。しかしその派手さとは裏腹に、放映権の高騰は、確実に地上波テレビの懐をむしばんでいるようだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 静かなる熱狂
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。