マイクロソフト、進む日本法人改革

米ヤフー買収失敗の陰で…

 

古参幹部は用済み? HP出身者が次々入社

企業ユーザーからの信頼回復、来年度の業績向上を目指し、樋口泰行社長が進めているのが幹部のクビのすげ替えだ。大企業向け営業統括の平井康文執行役専務は1月末に退任。企業向けの不振の責任を取らされたとみられても不自然ではないタイミングでの退任となった。

代わりに、2月には樋口氏がかつて社長を務めていた日本ヒューレット・パッカード(HP)専務執行役員の窪田大介氏、3月には同じくHP出身の鳴坂仁志氏を、企業向け担当の幹部に据えた。その下で来年度以降の中期計画策定を進めているところだ。企業向け部門の社員を現在の2倍の規模へ拡大するなど体制を強化することにより、新たな成長軌道を描こうとの戦略である。

中堅幹部の入れ替えはさらに進む見通しだ。最後の生え抜き日本人トップである阿多親市社長時代の現場体制は、2代続いた米本社出身社長の時代にも手はつけられず、そのまま残ってきた。樋口社長はそこにもメスを入れる。予算未達を理由に首筋が寒くなっている側は「予算未達の最大の責任は、樋口社長自身にあるはず」と不満を口にする。

5月7日、日本法人社員を集めた集会で、ゲイツ会長は、新年度からは企業向けと個人向けとを明確に分けた組織体制とすることを説明、樋口社長の下で業績拡大に努めるよう士気を鼓舞した。「世界で唯一パソコンの売り上げが伸びない国」といわれる日本市場で立て直しを図れるのか。まずは社内の不協和音を早期に収束させることが必要になる。

 


(山田俊浩 撮影:尾形文繁=週刊東洋経済)

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT