「出世したのに報われない」課長が抱える葛藤

上司と部下の板挟みで裁量もなく仕事漬け

「今の会社でどこまで出世したいですか?」

そう聞かれたらあなたはどう答えるだろうか。産業能率大学が毎年行っている「新入社員の会社生活調査」で、今年度は、将来に目指すキャリアプランとして「管理職」と回答した割合が男性で初めて6割、女性で初めて3割を超えた(同じ設問で尋ね始めた2000年度は、男性30.7%、女性13.2%)。

管理職の入り口となる課長職は、日本企業におけるキャリア形成の要。ここでの仕事ぶりが将来を大きく左右する。週刊東洋経済は8月27日号(22日発売)で『新・出世の条件』を特集。役員になる人、課長止まりの人の違いはどこで決まるのか。激変する出世の条件に迫った。

課長の裁量は予想以上に小さい?

今回、会員制の転職サイトを運営するビズリーチの協力を得て、現役課長にアンケート調査を行ったところ、「課長になってよかったことがない」と答えた人が全体の約4割もいた。そして、「上司とコミュニケーションが取りにくく、部下には厳しく指導しにくい」(サービス業・30代)、「業務を課すのみで、無責任な上司が多い」(不動産・50代)など、上司からの厳しいノルマと部下のマネジメントに悩む課長の声が聞かれた。

画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

管理職になれば自己裁量が広がるものだが、本誌アンケートでは「(課長の裁量は)予想していたよりも小さい」と答えた課長の割合が41%と最も多かった(「予想以上に大きい」と答えた割合は27%)。

裁量が小さいと答えた現役課長からは、上司に対して「本人の思考が目先のことだけに支配される傾向がある」(サービス・30代)、「自分の事しか考えていない」(コンサルティング・50代)、「裁量を与えてくれないのに、判断を求めても無反応」(化学メーカー・40代)などなど、不満も多かった。

「上司の判断がその都度ぶれるため、部下への説明に困る」(小売り・50代)といった状態では課長は板挟み。マネジメントの権限が限られる中、「上司が社内政治に奔走している」(金融・40代)ようではストレスがたまる一方だろう。また、「現場を見つつ管理もするのにはタスクが多すぎる」(ソフトウェア・30代)とプレイングマネジャーとしての厳しさを伺わせる声もあった。

次ページ人事のプロは課長をどう見ている?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT