五輪=卓球男子団体で日本が銀メダル、中国が3連覇

日本は中国に3─1で敗れる

 8月17日、リオデジャネイロ五輪、卓球男子団体の決勝、日本は中国に1─3で敗れ、銀メダルを獲得した(2016年 ロイター/Alkis Konstantinidis)

[17日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は17日、卓球の男子団体決勝を行い、日本は中国に1─3で敗れ、銀メダルを獲得した。日本がこの種目でメダルを手にするのは初めて。

金メダルに輝いた中国は3連覇を達成した。

第1試合のシングルスでは丹羽孝希が敗れたが、第2試合ではエースの水谷隼が勝って1─1とした。しかし第3試合のダブルスでは吉村真晴、丹羽組が敗戦。第4試合のシングルスでも吉村が負けた。

シングルスで銅メダルを獲得した水谷は「ずっと負けていた許昕にきょうは勝つことができた。シングルス、団体の両方でメダルを取ることができた」と満足を示した。

丹羽は「史上初の銀メダルはうれしいが、何度かあったチャンスを生かすことができず残念。もっともっと強くなって、中国選手に勝てるように頑張りたい」と話した。

3位決定戦では、ドイツが韓国を3─1で下し、銅メダルを獲得した。

*内容を追加し、写真を差し替えて再送しました。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。