スカパーJSAT 統合1年で社長交代

スカパーJSAT 統合1年で社長交代

スカパーJSATは、5月13日に秋山政徳会長が新社長に就任する人事を発表した。同社は、昨年4月にCS(通信衛星)のスカイパーフェクト・コミュニケーションズと衛星運営事業者のJSATが経営統合して発足。現社長の仁藤雅夫氏は代表権のない取締役となり、今後は、スカパーの社長に専念するという。

経営統合からわずか1年あまりでの体制変更は異例だ。新会社で初の決算となった2007年度、営業利益は112億円と当初計画を上回りはした。だが、その大半は安定的に利益を稼ぐ衛星事業で、放送事業には課題を抱えている。

中核となる衛星経由の契約数は、アンテナ取り付け無料キャンペーンなど巨額の費用を投じ、積極的な販促策を展開したが頭打ち。新たな販路拡大を狙い主要都市圏で展開する光ファイバー経由の放送も、今のところ低調で赤字が続く。受信機が内蔵されたデジタルテレビ経由での「e2byスカパー! 」が健闘するものの、3サービス合計の累計契約件数は364万件(07年度末)。対して、昨年発表した中期経営計画の契約者目標は11年度末で620万件。目下、中計の見直しを行っており、目標数値引き下げは避けられない情勢だ。

会見で仁藤氏は「競争力をもう一度強化する必要がある。多少時間はかかるかもしれないが、ハイビジョン化やコンテンツの充実などで足腰を固める」とした。どこまで契約を増やせるか。「専念」する仁藤氏の責務は重い。

(中島順一郎 撮影:吉野純治 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT