"大増税時代"の乗り切り方

賢い相続・贈与から、税務署対策まで

大増税時代が到来する。2014年4月から消費税は8%に上がり、15年からは相続税や贈与税、所得税の最高税率がアップ。復興特別税はすでに今年1月から始まっている。増税が避けられない中、われわれはどう生活防衛していくべきか。

3月1日、13年度の税制関連法案が政府によって閣議決定された。昨年12月の政権交代後、初の税制改正となる。本来は毎年12月に税制改正が決定するのだが、今年は総選挙のあおりを受け、年明け1月24日に決まった。与党の自民・公明両党に加え、民主党も賛成する見通しで、年度内には法案が成立する見込みだ。

すでに昨年8月、社会保障と税の一体改革関連法案が成立し、消費税の税率引き上げは決まっている(現行5%から、14年4月に8%、15年10月に10%予定)。今回の改正の目玉は、相続税・贈与税など、富裕層に対する資産課税への増税だ。

次ページ税の中でも最もインパクトが大きいのは…
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT