"大増税時代"の乗り切り方

賢い相続・贈与から、税務署対策まで

大増税時代が到来する。2014年4月から消費税は8%に上がり、15年からは相続税や贈与税、所得税の最高税率がアップ。復興特別税はすでに今年1月から始まっている。増税が避けられない中、われわれはどう生活防衛していくべきか。

3月1日、13年度の税制関連法案が政府によって閣議決定された。昨年12月の政権交代後、初の税制改正となる。本来は毎年12月に税制改正が決定するのだが、今年は総選挙のあおりを受け、年明け1月24日に決まった。与党の自民・公明両党に加え、民主党も賛成する見通しで、年度内には法案が成立する見込みだ。

すでに昨年8月、社会保障と税の一体改革関連法案が成立し、消費税の税率引き上げは決まっている(現行5%から、14年4月に8%、15年10月に10%予定)。今回の改正の目玉は、相続税・贈与税など、富裕層に対する資産課税への増税だ。

次ページ税の中でも最もインパクトが大きいのは…
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT