"大増税時代"の乗り切り方

賢い相続・贈与から、税務署対策まで

大増税時代が到来する。2014年4月から消費税は8%に上がり、15年からは相続税や贈与税、所得税の最高税率がアップ。復興特別税はすでに今年1月から始まっている。増税が避けられない中、われわれはどう生活防衛していくべきか。

3月1日、13年度の税制関連法案が政府によって閣議決定された。昨年12月の政権交代後、初の税制改正となる。本来は毎年12月に税制改正が決定するのだが、今年は総選挙のあおりを受け、年明け1月24日に決まった。与党の自民・公明両党に加え、民主党も賛成する見通しで、年度内には法案が成立する見込みだ。

すでに昨年8月、社会保障と税の一体改革関連法案が成立し、消費税の税率引き上げは決まっている(現行5%から、14年4月に8%、15年10月に10%予定)。今回の改正の目玉は、相続税・贈与税など、富裕層に対する資産課税への増税だ。

次ページ税の中でも最もインパクトが大きいのは…
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。