グーグル、「AMPを目立たせる計画」の中身

「モバイルサクサク」への強い意思

バイラルサイト「リトル・シングス」の製品担当バイスプレジデントであるボリス・パーク氏は、今回のアップデートに関してグーグルからプレゼンを受けていないが、次のように述べている。「我々にとっては、大きなことだ。レシピに最適なレイアウトや構成は、犬に関するバイラルな動画とはまったく違う。これは、我々が自社のサイトで探っていることであり、外部サイトへの配信を増やすなかで、パートナーのやり方も探っている」。

グーグルが2月に提供を開始したAMPは、検索結果内からパブリッシャーが直接配信できるようにして、モバイルウェブを高速化するプロジェクトだ。フェイスブックのインスタント記事によく似ている。プラットフォームは、ユーザーを外部のサイトに送り込むのではなく、プラットフォーム上でアクセスできるコンテンツを増やそうとしているが、AMPもそういった全体的な動きの一部だ。

通常、AMPページは、普通のウェブページと比べて読み込みが4倍速く、消費データ量は10分の1だと、グーグルは述べている。開始以来、ニュースやエンターテインメント、旅行、フードなど、バーティカル分野のパブリッシャーがAMPを導入してきた。グーグルによると、現在のところAMPのインデックスには1億5000万件以上のドキュメントがあり、毎週400万件の新たなドキュメントが追加されているという。

AMPに対する媒体社の想い

グーグルは、画面トップのカルーセルだけでなく、モバイルにおけるすべての検索結果にAMPを拡大すると発表した。間もなく、ユーザーが記事を検索すると、その記事にAMP対応版があれば、従来のサイトではなく、AMP版に直接誘導されるようになる。

だが、AMPの導入が増えているとはいえ、パブリッシャーはまだ、AMPの最終的な価値について複雑な思いを抱いている。読み込み時間が短くなったことは認めているが、それほど多くのトラフィックを誘導していないと主張する向きもあるのだ。広告のマネタイズも、まったく十分ではない。

だが、新興ニュースサイトを運営するザ・スレート・グループは、4月にAMPの利用を開始し、AMPのおかげで、トラフィックが25%増加した。同社のシニアプロダクトマネージャーであるクリス・シーファー氏は、次のように述べている。

「AMPはすばらしい。規模の点では、我々は、ニューヨーク・タイムズやウォール・ストリート・ジャーナル、ワシントン・ポストにかなわない二軍のパブリッシャーだ。カルーセル内の枠をめぐって、そうした連中と闘っている。そのカルーセルの枠に縛られないAMPが開放されれば、大きな出来事だ」。

Sahil Patel(原文 / 訳:ガリレオ)

DIGIDAY[日本版]の関連記事
Googleの「AMP」導入をめぐる4つの疑問点:果たしてそれで儲かるのか?
Google AMP、エージェンシーが改善を望む 3つのポイント
欧州パブリッシャーにおける Google AMP活用事例レポート

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 内田衛の日々是投資
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。