CNNの分散化メディア最前線から見えるもの

「コンテンツとその配信方法は不可分だ」

CNNは、今この時代に、ジャーナリズムを届けるためにできることは、ほかにもまだあると考えている

固い信念のもとに

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

米ニューステレビ局のCNNは、ソーシャルニュースの最前線に立つことを躊躇しない。さまざまな場所に存在する読者にリーチするという固い信念のもと、自社のジャーナリズムをソーシャルメディアプラットフォームへ積極的に展開している。

Facebook上のエンゲージメントに関しては、ニュースメディアのなかで上位にランクされる常連だ。また、世界中に巨大なオーディエンス層を抱えることから、CNNはプラットフォーム各社から寵愛を受けている。スナップチャットの「ディスカバー」や、アップルのニュースアプリ「News」のように、プラットフォームが新たな取り組みや新機能をローンチする度、CNNは決まって協力を求められてきた。

しかしCNNは、プラットフォーム全盛の時代において、ジャーナリズムを届けるためにできることは、ほかにもまだあると考えている。その任務を課せられたのが、CNNに加わったばかりのミトラ・カリタ氏だ。同氏は前職が「ロサンゼルス・タイムズ」の編集長で、それ以前は「クオーツ」や「ウォールストリート・ジャーナル」でも編集者を務めてきた。

次ページ約20億円の採用活動
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。