国民投票前夜、英FTは「大戦略」を仕掛けた

なんと新規購読者数が600%アップ!

フィナンシャル・タイムズの新規購読者数の増加は偶然ではない

世界中に影響を与える、大きなニュースがあるときはいつもそうだが、英国民投票が導いた驚くべき結果により、大手パブリッシャーのトラフィックは軒並み急騰した。しかし、ことフィナンシャル・タイムズ(Financial Times)においては、それだけにとどまらなかったという。良質なニュースジャーナリズムを提供したことに対する、さらなる恩恵を獲得できたのだ。

投票前夜の木曜日、フィナンシャル・タイムズはブレキジット(Brexit:英国のEU離脱問題)関連ニュースをすべて、24時間閲覧無料化。そのため、トラフィックは当然のごとく、うなぎ登りとなった。ちなみに同社は、デジタル化20周年を迎えた2015年にも、記事の無料化を行っている。

600%向上した新規契約

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:メディアジーン)の提供記事です

今回の無料化は、まだ意思決定できていない有権者に対し、賛成派および反対派双方のディベートにアクセスする機会を提供するという、ジャーナリストとしての義務を果たすためのものだった。国民投票実施の週末にかけて、フィナンシャル・タイムズの投票追跡記事は、400万近いページビューを記録。史上もっとも注目を集めたジャーナリズム記事となった。

しかし、人々はコンテンツを週末のあいだ、タダ読みして去っていくだけではなかった。なんと彼らの多くは、購読契約も行ったのだ。

次ページ英国民投票をめぐる大戦略
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT