国民投票前夜、英FTは「大戦略」を仕掛けた

なんと新規購読者数が600%アップ!

フィナンシャル・タイムズの新規購読者数の増加は偶然ではない

世界中に影響を与える、大きなニュースがあるときはいつもそうだが、英国民投票が導いた驚くべき結果により、大手パブリッシャーのトラフィックは軒並み急騰した。しかし、ことフィナンシャル・タイムズ(Financial Times)においては、それだけにとどまらなかったという。良質なニュースジャーナリズムを提供したことに対する、さらなる恩恵を獲得できたのだ。

投票前夜の木曜日、フィナンシャル・タイムズはブレキジット(Brexit:英国のEU離脱問題)関連ニュースをすべて、24時間閲覧無料化。そのため、トラフィックは当然のごとく、うなぎ登りとなった。ちなみに同社は、デジタル化20周年を迎えた2015年にも、記事の無料化を行っている。

600%向上した新規契約

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:メディアジーン)の提供記事です

今回の無料化は、まだ意思決定できていない有権者に対し、賛成派および反対派双方のディベートにアクセスする機会を提供するという、ジャーナリストとしての義務を果たすためのものだった。国民投票実施の週末にかけて、フィナンシャル・タイムズの投票追跡記事は、400万近いページビューを記録。史上もっとも注目を集めたジャーナリズム記事となった。

しかし、人々はコンテンツを週末のあいだ、タダ読みして去っていくだけではなかった。なんと彼らの多くは、購読契約も行ったのだ。

次ページ英国民投票をめぐる大戦略
人気記事
トピックボードAD
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 激震!トヨタ×ソフトバンク
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。