グーグル、「AMPを目立たせる計画」の中身

「モバイルサクサク」への強い意思

グーグルはAMPのアップデートに取り組んでいる(撮影:今井康一)

グーグルが、モバイルウェブ高速化プロジェクト、AMP(アンプ:Accelerated Mobile Page)のアップデートに取り組んでいる。このアップデートに伴い、モバイルで検索した際、結果ページのトップに速報やリアルタイムのアラートが表示されるようになるという。

今年の夏、グーグルがパブリッシャー数社に対して行ったプレゼンで、新しい「ライブティッカー」セクションに関する計画を披露した。このセクションは、現在モバイル検索の結果に表示されている「トップニュース」カルーセルの上に配置されるという。ライブティッカーは、「ウェブ上のさまざまなソースから集めた最良の超新鮮なコンテンツ」を提示し、セクション内のコンテンツはAMPコンテンツのみになると、グーグルはプレゼンで説明している。

従来のトップニュースのカルーセルはその下に配置され、ユーザーがページをさらにスクロールダウンすると、通常の検索結果がそれに続く。両セクションに掲載されるAMPコンテンツは、無駄を避けるために「コンテンツの重複をなくす」という。

AMPアップデートの具体内容

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

グーグルが宣伝用スライドで示した例から考えると、AMPコンテンツがスマートフォンの画面全体を占めるようになるという点で、今回の動きは重要だ。

グーグルによるプレゼンを受けたパブリッシャーからの情報によると、このAMPのアップデートは今秋中にリリースされる見込みだという。コメントを求めたところ、グーグルは、AMPの製品ロードマップを提示した。そのなかには、パブリッシャーがAMP内の既存の記事をアップデートしやすくしたり、「没入型の動画視聴体験」をサポートする計画も含まれている。

速報やアラート用の新しいセクションに留まらず、グーグルはAMPをアップデートし、記事や動画だけでなく、もっと多くの種類のコンテンツに対応しようとしているようにも見える。グーグルがプレゼンで見せた別のスライドでは、AMPが記事や動画、ライブ動画、ギャラリー、引用、リスティクル(箇条書き形式の記事)などにも対応できるようになるという。

次ページどんどん拡大するAMP
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。