再生38万回!パンケーキ垂れ流し動画の秘密

朝食チェーン「アイホップ」のソーシャル戦略

パンケーキの売り上げにも、成果は出ている

去る2016年6月9日、朝食チェーン「アイホップ(IHOP)」は、はじめてFacebookの「ライブ動画」を利用して、新作の「パラダイスパンケーキ」をプロモーションした。3本シリーズの動画に映っていたのは、ビーチに置かれたテーブルの上のパンケーキだけ。にもかかわらず、合計で38万5000回、延べ17万1000分も再生され、アイホップのソーシャルビデオとしては過去最高のパフォーマンスを記録したという(下記は3本シリーズ中の1本)。

 

「すぐれたコンテンツの新たな場をうまく使ったことで、巧みで没入感があり記憶に残るキャンペーンになった」と、アイホップのマーケティング部門シニアバイスプレジデント、カーク・トンプソン氏は語る。「パンケーキに注目を集めただけでなく、我々のブランドボイスを示し、オーディエンスにエンゲージして交流することもできた」。

ネタを被せる戦略

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:メディアジーン)の提供記事です

それだけではなかった。ライブストリームの最中、もっともファンの興味を引いたのは、ひげの男が突然フレームインし、パンケーキを一口食べて、すぐに姿を消した瞬間だった。アイホップが6月16日のFacebook投稿で360度写真に「ひげの男」を再登場させると、こちらも3000以上のリアクションをたたき出した。

次ページひげの男とパンケーキ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。