再生38万回!パンケーキ垂れ流し動画の秘密

朝食チェーン「アイホップ」のソーシャル戦略

パンケーキの売り上げにも、成果は出ている

去る2016年6月9日、朝食チェーン「アイホップ(IHOP)」は、はじめてFacebookの「ライブ動画」を利用して、新作の「パラダイスパンケーキ」をプロモーションした。3本シリーズの動画に映っていたのは、ビーチに置かれたテーブルの上のパンケーキだけ。にもかかわらず、合計で38万5000回、延べ17万1000分も再生され、アイホップのソーシャルビデオとしては過去最高のパフォーマンスを記録したという(下記は3本シリーズ中の1本)。

 

「すぐれたコンテンツの新たな場をうまく使ったことで、巧みで没入感があり記憶に残るキャンペーンになった」と、アイホップのマーケティング部門シニアバイスプレジデント、カーク・トンプソン氏は語る。「パンケーキに注目を集めただけでなく、我々のブランドボイスを示し、オーディエンスにエンゲージして交流することもできた」。

ネタを被せる戦略

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:メディアジーン)の提供記事です

それだけではなかった。ライブストリームの最中、もっともファンの興味を引いたのは、ひげの男が突然フレームインし、パンケーキを一口食べて、すぐに姿を消した瞬間だった。アイホップが6月16日のFacebook投稿で360度写真に「ひげの男」を再登場させると、こちらも3000以上のリアクションをたたき出した。

次ページひげの男とパンケーキ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT