再生38万回!パンケーキ垂れ流し動画の秘密

朝食チェーン「アイホップ」のソーシャル戦略

#‎BeardGuy‬ is back with new Paradise Pancakes. Can you spot all of the stacks? (Tilt and move your phone from left to right!)
 
#BeardGuy(ひげの男)が、新作のパラダイスパンケーキとともに戻ってきた。何皿あるか数えてみてね。(スマホを傾けて動かすと左右を見渡せるよ!)

トンプソン氏によると、アイホップの最近のキャンペーンは、ブランドの全体的なソーシャルメディア戦略と連動しているという。その戦略とは、つねに「適切な場所で、適切なやりとりを、適切な方法で」行う、というものだ。

ソーシャルメディアは従来のチャネル(印刷媒体、ラジオ、テレビなど)の補足に過ぎず、常にそれが出来ているわけではないことは、トンプソン氏も認める。しかし、過去1年半を見ると、アイホップはFacebookのライブ動画や360度写真などの最新ソーシャルツールをいち早く取り入れてきた。他社が様子見をしているのとは対照的だ。

たとえば3月の「ナショナルパンケーキデー」には、ソーシャル作戦司令室を担当エージェンシーMRM//マッキャン(MRM//McCann)のニューヨーク本社内に設置し、ソーシャルメディア上のトレンドを一日中モニターして、それに応じたリアルタイムコンテンツを制作。こうして、Doge風(ネットスラングで「犬」)のパンケーキ画像などが作られた。

今年に入ってSnapchat(スナップチャット)がスポンサードジオフィルターを開始した際も、アイホップはすぐさまこれを利用して、アイホップ店内にいる顧客をターゲットに、Snapchat画面にアイホップのオリジナルのフィルターをかけた。1月には、インスタグラムの投稿にハッシュタグ「#Panuary」「#Entry」をつけて、パンケーキ好きに早食い大会への参加をよびかけた。パンケーキアーティストのネイサン・シールズ氏に依頼して、ファンの写真をもとにTwitter上でリアルタイムで「似顔絵パンケーキ」を披露したこともある。

人々の生活へ浸透するために

オーディエンスとのエンゲージメントやソーシャルメディアにおけるフォロワー数の増加はアイホップにとって喜ばしいことだが、最終目標はパンケーキを売ることであり、その成果も上々だ。調査会社テクノミック(Technomic)によれば、アイホップの総売上は過去1年で8.1%増えたが、ライバルのデニーズ(Denny’s)は4.1%しか増えていないという。この成長を維持するため、今後もソーシャルメディアに目を向けて、人々の日常生活のなかに浸透していきたいと、トンプソン氏は語る。

「言わせてもらえば、我々はライフスタイルブランドだ。創立58年を迎え、人々の日々の朝食や特別なお祝いの場として、何十年もやってきたのだから。ライフスタイルという言葉はいまや濫用されているが、それでも、人々のライフスタイルの活力ある一部分であり続けることは、我々にとって健全かつ重要なことだ」。

Tanya Dua(原文 / 訳:ガリレオ)

DIGIDAY[日本版]の関連記事
BBCニュース、Facebookの「ライブ動画」を積極活用:6カ月の運用で得た教訓
NYT が 1カ月のFB「ライブ動画」運用で学んだ 4つの事実
「BuzzFeed U.K.」のソーシャルニュース編集者の1日:数十万視聴を稼ぐライブ動画の作り方

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT