いま体験すべき「360度動画」広告5選

映画的演出、イースタエッグ、バイラルなど…

春夏のショーを360度カメラで撮影、編集された動画は、1時間もしないうちにアップロードされた
この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

VRよりも新しくてお手頃な360度動画は、マーケターのツールボックスのなかでもお気に入りになりつつある。

Facebookの360度動画プラットフォームでは、2016年4月までの12カ月間に、2万を超えるアップロードがあった。また、YouTubeにアップロードされた360度動画の大半は再生回数が10万を超えている。

360度動画の魅力は、アクションを身近に感じる没入感を体験できることだ。とはいえ、新しいテクノロジーの例にもれず、未発達な部分もある。たとえば、エンゲージメントを追跡するツールの不足だ。我々は今年のはじめ、米国のブランドが360度動画をどう使っているかを紹介した。英国のブランドはいま、このフォーマットの可能性を別の形で試している。

360度ならではのバイラル動画

360度動画で見る、フォーミュラEカーを跳び越えるダミアン・ウォルターズの後方宙返り
2012年にスタートした電気自動車のカーレース、FIAフォーミュラEチャンピオンシップは、360度動画を使って短編動画コンテンツに没入感を付け加えた。1回きりのプロジェクトや大きな予算を使った広告とは異なり、フォーミュラEは360度動画のフォーマットを使って、YouTubeユーザーに衝突、スタント、ドライバー側のアクションなど、危険ともいえるコンテンツを製作し、提供した
次ページ360度動画を利用する際の大きな課題
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。