激変する中米情勢、そのカギを握る意外な国

エルサルバドルの治安は、なぜ劇的に改善したか

――大使がエルサルバドルで作るとしたら何を作りますか?

セラヤンディア大使:豚汁です。味噌を使った料理も好まれると思います。日本人の男性は、小学校のときに家庭科で作り方を学ぶのでいいですよね。エルサルバドルではそういうことはありません。日本人男性は裁縫もできる。小学生でそういうことを習う教育があることも話すと、話題になって盛り上がると思います。

日本人は謙虚なので意識していないようですが、日本人のすばらしいところは、器用なところです。子ども達があんなにすてきな折り紙を折れるなんてすごいことです。

もともと「モノ作り」が得意なのですから、この強みをしっかりと意識して生かすべきです。そこに日本のチャンスがあります。

たとえば今、エルサルバドルでは350メガワットの電力の入札があります。20年間運営を任せてもらえるというものです。他にも日本の企業が建設した港があるのでそこを発展させたいです。

農業の分野で日本の田園のように、効率よく作物を作る技術も教えてほしいです。エルサルバドルのよい地理条件を活かして、すでにハブ空港になっている今の国際空港をさらに拡張するプロジェクトがあります。

国も海外からの投資を受けやすいように今、法改正もしています。今が絶好のチャンスですので、ぜひ日本の企業に進出してほしいと思っています。

(撮影:今井 康一)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT