ナイキがついに決断した「ゴルフ撤退」の衝撃

タイガーとともに築いたメーカーの歴史に幕

タイガーがこの新構造のボールを使い始めて驚異的に飛距離が伸び、ほかのプレーヤーを圧倒する結果となった。この年の全米オープン、全英オープン、全米プロゴルフ選手権、翌2001年のマスターズを制して、年をまたいでメジャー連続優勝というグランドスラム、いわゆるタイガースラムを達成した。これ以降、プロが使用するボールはソリッドボールに変わった。糸巻きボールの時代に終わりを告げたのである。ナイキがタイガーと組むことによって、ボールの歴史を動かした瞬間である。クラブも2002年から発売されて、名実ともにゴルフメーカーとなった。

タイガーが登場する以前も、ナイキはさまざまなスポーツ選手と契約していた。ブランドの核となっていたのは、プロバスケットのマイケル・ジョーダンである。ジョーダンがブランドを牽引して、彼の名前を付けたシューズ「エアー・ジョーダン」は爆発的なヒットになり、日本でもこのシューズはブームとなった。ジョーダンの後、ナイキブランドのフラッグシップはタイガーに変わった。しかし、ゴルフ事業から事実上撤退することで、ゴルフ選手がブランドを引っ張ることはなくなるだろう。

現在、タイガーのほかにも世界ランキング4位のローリー・マキロイ、女子ゴルフのミッシェル・ウィーなど、多くの有力選手と契約している。この発表以降、契約選手の間で動揺が広がっている。米国PGAツアーでは、選手をサポートするスタッフ、ギアを供給・調整するトーナメントカーについて本年度中はそのまま変わらないとの話だ。契約する多くの選手はこの撤退について事前に知らされていなかった模様で、今後、これらの選手がどこのギアを使い、契約するのか、早くも動向が注目されている。

ナイキの中でゴルフビジネスは2.5%

ナイキの2015年売上高は306億ドル(約3兆3660億円:1ドル110円で換算)で世界一のスポーツメーカーである。2020年500億ドルを目標に中期計画を立てている。2015年のゴルフビジネスの売上高は7.71億ドル(約848億円)で全体の2.5%。売上高全体では前年比10%増だが、ゴルフビジネスは同2%減であった。ボール、クラブのカテゴリー別の売上高は明かされていないが、現在のゴルフ用品の低迷をみるとその厳しい位置づけが推定できる。

ブランドを引っ張ってきたタイガーは、2009年末以降、個人的なスキャンダルやケガで成績がふるわず、現在も試合に復帰していない。そのことも一つの要因であろうし、世界的にみたゴルフ市場の先行きを勘案して今回の決断に至ったものと推定できる。

ボール、クラブの表舞台から去ることは、ゴルフ用品が世界的に厳しい局面にさらされている何よりの証拠である。ゴルフビジネスに参入した1998年から、タイガーという最強のスターを持ち、革新的なギアを投入してきたにもかかわらず、18年で撤退に追い込まれた。ナイキが抜けた穴をほかのメーカーが埋めることになる。

私見だが、大量生産によるゴルフギア、特にクラブを作るビジネスモデルに限界が見えてきたような気がしてならない。スイングを計測して最適な製品を提案するフィッティングのように、それぞれのゴルファーに向き合うビジネスモデルが生き残るのではないか。とはいえ、業界が大きく動く今は、ゴルフ界に新しいビジネスモデルを作るチャンスでもある。残ったゴルフメーカー、新規参入勢の奮闘を期待したい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。