日経平均、当面の上値メドは1万2200円台

「会社四季報」発売前に、「先取り98銘柄」教えます

これに伴い、株価収益率(PER)も上昇。日経平均の予想PERは昨年11月中旬時点で13倍台にとどまっていたが、現在は20倍台に乗せており、割安感は乏しくなってきた。

円安進行にも一服感が出ている。「アベノミクス」による景気本格浮揚や企業業績回復という“理想”だけを手掛かりに、これ以上買い進めるのは難しい。にもかかわらず、株高が続いているのは、多くの市場参加者の目が「リスクオン」の背後にある米国や中国の経済情勢などに向けられているからだろう。

つまり、両国の景気持ち直しの流れに水を差すような悪材料が出てこない限り、日本株相場も年度内は底堅い展開が見込まれる。2008年のリーマンショック前の水準の1万2200円前後が上値メドとして意識されそうだ。

不安材料は欧州経済の動向だ。伊総選挙は、緊縮路線継続の難しさを改めて浮き彫りにした。「ユーロ危機」は「もぐら叩き」のようなものだ。緊縮路線を続ける各国の景気は絶えず、下振れの圧力にさらされている。このため、危機がいったん落ち着いたかと思っても、いずれはどこかの国で問題が噴出するというパターンの繰り返しに陥りやすい。それを受けて、日本株も乱高下する可能性がある。

物色面では、これまでの「循環買い」から、業績などを物差しにした「選別買い」の局面へ移行しそう。4日発売の会社四季報臨時増刊である「会社四季報春号先取り98銘柄」では、15日発売予定の「会社四季報」春号の業績予想や内容をもとに、好業績の有望98銘柄を紹介している。

投資の参考にしていただければ、幸いだ。

(撮影:梅谷 秀司)

お待たせしました!
「会社四季報」春号発売の11日前に、
会社四季報春号先取り98銘柄が発売になりました!
あの「オール投資」の大人気企画、「会社四季報先取り号」のエッセンスが凝縮した、個人投資家必携の一冊です。
もちろん、株初心者のための企画も満載!!お近くの書店や、アマゾンなどのネット書店で、ぜひお求めください。
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。