1ドル90~93円で下値固めなら、円安は継続

ディーラー歴20年の達人が読む為替

円は下値を固められるか(邦銀のディーリングルーム)

市場が大きく動いている。

今回は政治の材料が為替、株式、債券市場の変動要因になっている。
22日の日米首脳会談、23日の日銀の新しい正副総裁報道があった時点では、市場には楽観的なムードが漂っていた。だが、25日夜からは、ムードが一転。イタリアの選挙結果に対する懸念の高まりで、一転、悲観論が漂った。

安倍首相の信頼が厚い黒田氏

注目された日銀の正副総裁人事は、新日銀総裁に黒田東彦ADB(アジア開発銀行)総裁、新副総裁に岩田規久男・学習院大学教授と中曽宏・日銀理事という人事案を政府が固めたもようで、28日11時に、衆参両院の議院運営委員会理事会に提示する予定だ。

黒田氏は財務省(旧大蔵省)の国際金融畑出身で、1997年国際金融局長をつとめた後、1999~2003年にかけては財務官として活躍した。小泉政権時代の2001~2003年には財務官として、退任後は内閣官房参与として、小泉氏、安倍氏とともに働いた経験もあり、安倍首相との縁は浅からぬものがある。

次ページ黒田氏の発言は明確なものが多い
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。