1ドル90~93円で下値固めなら、円安は継続

ディーラー歴20年の達人が読む為替

円は下値を固められるか(邦銀のディーリングルーム)

市場が大きく動いている。

今回は政治の材料が為替、株式、債券市場の変動要因になっている。
22日の日米首脳会談、23日の日銀の新しい正副総裁報道があった時点では、市場には楽観的なムードが漂っていた。だが、25日夜からは、ムードが一転。イタリアの選挙結果に対する懸念の高まりで、一転、悲観論が漂った。

安倍首相の信頼が厚い黒田氏

注目された日銀の正副総裁人事は、新日銀総裁に黒田東彦ADB(アジア開発銀行)総裁、新副総裁に岩田規久男・学習院大学教授と中曽宏・日銀理事という人事案を政府が固めたもようで、28日11時に、衆参両院の議院運営委員会理事会に提示する予定だ。

黒田氏は財務省(旧大蔵省)の国際金融畑出身で、1997年国際金融局長をつとめた後、1999~2003年にかけては財務官として活躍した。小泉政権時代の2001~2003年には財務官として、退任後は内閣官房参与として、小泉氏、安倍氏とともに働いた経験もあり、安倍首相との縁は浅からぬものがある。

次ページ黒田氏の発言は明確なものが多い
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ戦争を読み解く
  • コロナショックの大波紋
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ戦争は国家総力戦に<br>迫り来る「感染爆発」

東京のロックダウン、病床の不足……。新型コロナウイルスと戦う日本の国家体制を整理し、最前線の医療現場を支える根拠法を踏まえて詳解しました。経済対策はリーマンショック時を上回る60兆円超が見込まれています。