デジタル情報、手で触れられる時代へ

石井裕・MITメディアラボ副所長が予測する近未来

いしい・ひろし 1956年東京生まれ。北海道大学大学院修了。電電公社を経てMITメディアラボに。2001年にテニュア(終身在職権)を授与される。07年4月から現職。

――こうした新たなインターフェースが普及することの意義は何でしょうか。

今、「ビッグデータ」という言葉がホットです。いずれすべての人々がネットにつながり、あらゆる情報がクラウドに蓄積され、アクセス可能になる時代が来ます。ニュースもツイートも、あらゆる情報に索引が付けられ、検索可能になるのです。

情報量が膨大になればなるほど、点ではなく、全体を見えるように可視化することが必要。そのとき、いくら点で表現しても、人間の体の空間とは隔離されています。そこで情報に物理的な実体を与え、可視化して、触れられるように可触化できれば、新しい地平が切り開けます。

ここで言う未来社会というのは、単に物理的空間の制約から解き放たれ、飛行機に乗らなくて済むというレベルではありません。同じ建物内にいても、新しいメディアを使うことで、よりスムーズに情報を共有でき、意思疎通と共同作業ができる。これにより医療、教育、政治経済、あらゆる世界がドラマチックに変わっていくでしょう。

しかし、そこに到達するにはこの先50年かかる。現在のピクセルを中心とした情報のやり取りは、デジタル社会の発展の歴史ではまだ石器時代にすぎません。

未来は一つではない

―― 1人ひとりが未来を描くことの重要性を述べられています。

未来は1つではありません。各人がそれぞれ未来を描き、ぶつけ合うことが重要です。そこにイノベーションが生まれる。産業界の大規模なショーなどで発表される「未来はこう変わる」と描かれたロードマップどおりの未来しかなければ、これほどつまらないことはない。

私がMITで生き残ることができたのも、タンジブル・ビットなどの「山」をゼロから作ったからです。私はこれを「造山力」と表現しています。未来社会も造山力を持てる人が築いていくでしょう。

(撮影:山内 信也)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。