巨人の星、インドで人気の理由

講談社の仕掛け人、古賀義章氏に聞く

――視聴率はどうですか。

『スーラジ ザ・ライジングスター』は1話21分、全26話の構成です。毎週日曜の朝10時から放映しています。

第1~3話までの視聴率は0.1%、4話から0.2%に上昇しました。

視聴率0.2%は大健闘

――0.2%……ですか。

低いとお思いかもしれませんが、違うんです。

インドは全土に700チャンネルもあります。ドゥールダルシャン(DD)という地上波が1チャンネルあって、ほかは全部ケーブルテレビと衛星放送。このうち、全日レーティングが0.1%に達しているのは24局しかありません。

『ドラえもん』は1週間に35時間放映していて0.2%ですから、われわれは早い段階で追いつけた、まずまずの発進だなと思ってはいます。フェイスブックの番組ページへの書き込みなどを見ると、10代以上の視聴者が多い。物語性の高さが認識されているのかなと思うとうれしいですね。

ただ、目標は今の10倍。4月からクリケットリーグが開幕しますし、4~5月は夏休みなので、このあたりでさらに上向くと期待しています。

スポンサー企業が『ザ・ライジングスター』を販促や広告に使っていただく動きも出てきました。日清食品の袋麺パッケージには、2月中旬からスーラジが登場しています。これまでの有名バトミントン選手に代わる抜擢で光栄です。年間3億食くらい販売しているそうですので楽しみですね。

全日空はインド線の機体にポケモンジェットならぬスーラジジェットの採用を検討してくださいました。現地の空港に、顔抜きのスーラジ看板を置いてくださってもいます。ダイキン工業は最盛期の4~5月に開く販売店大会で使ってくださるようです。最近ではインド現地企業からのお話もいただくようになりました。

――全28話とすると、6月には最終回ですね。最終回はどんな内容になるのですか。

それは内緒ですけれど(笑)。大リーグボール1号が完成したあたりまで話が進みます。ということは、大リーグボール2号、3号はまだ出てこないんですよね。

次ページ続編の予定は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • おとなたちには、わからない
  • 最強組織のつくり方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。