巨人の星、インドで人気の理由 講談社の仕掛け人、古賀義章氏に聞く

印刷
A
A
こが・よしあき
1964年生まれ。明治大学卒業後、講談社入社。『フライデー』『週刊現代』編集部を経て2004年『クーリエ・ジャポン』創刊編集長に就任。現在は国際事業局担当部長であり、『スーラジ ザ・ライジングスター』のチーフ・プロデューサーでもある。近著に『飛雄馬、インドの星になれ!』

――講談社は出版元ですものね。コミックを販売する方法もあった気がしますが。

実はそれが難しいんです。インドには昔からアマール・チトラカタ、略して「AMK」といって、神様を主人公にしたコミックシリーズがあります。日本円にして1冊50~100円で買えます。一方、『のだめカンタービレ』など、いくつかの日本コミックが現地で売られていますが、海外で印刷した輸入品のため、1冊1000円くらいしてしまいます。
ほかにもAMKはカラー印刷なのに対し、日本のコミックはモノクロ、右開きと左開きの差という問題もありました。

それならアニメから入ろうと。昔『セーラームーン』が欧州ではやったときにも、アニメからだったという前例もありますしね。

 

原作者サイドは快諾

――原作者サイドはどんな反応でしたか。

大胆なリメークですから、社内でも最初は難しいと言われました。ところが原作者・梶原一騎先生の奥様である高森篤子さんの元に伺うと、快諾してくださった。作画を担当された川崎のぼる先生も「面白い。巨人の星がインドでよみがえる」と喜んでくださって。ひとつだけ、「明子姉さんを、とにかくきれいな人にしてほしい」という注文をいただきました。

アニメ制作をお願いしたのが、現地最大手のDQエンタテインメント(DQE)です。DQEには社員が3500人もいます。ディズニー作品も手掛けており、『ジャングル・ブック』も制作しました。日本での制作会社は、『巨人の星』を作ったトムス・エンタテインメントにお願いしました。日本側はプロットと基礎的なデザインを担当し、デザインの細部や音楽はすべてインド側に任せることにしました。

(C)梶原一騎・川崎のぼる/講談社・ライジングスター製作委員会

主人公はムンバイのドビーガード(洗濯街)に住む貧しい少年スーラジです。スーラジとは太陽の意味で、インド人に比較的多い名前です。クリケットの才能があり、父親と二人三脚で選手を目指すという筋立ては本家とほぼ同じです。花形満や伴宙太、左門豊作に相当する人物も出てきます。

ただ、細かい内容については予想以上に交渉が必要でした。

『巨人の星』といえば欠かせないちゃぶ台返しのシーンは、インド側から最初はダメだと言われました。食べ物を粗末にはねのけるなんてことは、インドでは到底許されないというのです。ただ、父親の怒りを表現するのには非常に効果的なので、粘り強く交渉した結果、食べ物ではなく飲み物ならいいという話になりました。

次ページ大リーグボール養成ギプスの扱いは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT