雅子さま、着実に固まる次の皇后への決意

"美智子さま流"をしっかり継承

「この4月に7年ぶりの宮中祭祀として、神武天皇没後2600年式年祭に参列した雅子さまは、'94年以来、22年ぶりの神武天皇陵のご参拝となりました。

ご夫妻には、以前から長女の愛子さまをお連れしたいというお気持ちがあり、愛子さまの夏休みの初日だった今回、訪問されることになったそうです」(宮内庁担当記者)

また、すでに「週刊女性」でも報じられているが、ご一家は、8月11日に長野県松本市の上高地で開かれる第1回『山の日』の記念式典にも、臨席を検討されているという。

愛子さまにとっては初めての式典参加に

「『山の日』は今年から始まる国民の祝日で、愛子さまにとっては初めての式典参加となりそうです。

登山は皇太子さまが昔から趣味にしていらっしゃるので、雅子さまと愛子さまも那須御用邸でご静養中は、近くの山を散策されることもあります。ご一家にぴったりの新しい公務といえると思います」(東宮職関係者)

さらに、この夏は長野県の奥志賀高原での静養も検討されているという。

奥志賀といえば、愛子さまの春休み期間中の3月にご一家でスキーをされる場所というイメージが強いが……。

別の東宮職関係者が打ち明ける。

'09年8月に、那須高原の茶臼岳で登山を楽しまれた皇太子ご一家

「ご一家は夏の奥志賀には、'09年に足を運ばれたことがあります。涼しい高原でハイキングやテニスをするにはぴったりの場所です。

上級者クラスのスキーの腕前をお持ちの愛子さまは、グラススキーに挑戦するおつもりかもしれませんね」

この夏のそんな皇太子ご一家の予定について、

「陛下の『生前退位』報道との関係性はわかりませんが、最近の雅子さまの動向は、着実に次の皇后としての決意を固められているとお見受けします」

と話すのは、ジャーナリストで文化学園大学客員教授の渡辺みどりさん。

「歴史ある古都を訪問しながら、新しい公務にも挑戦されるのは“伝統を今にいかしつつ、時代の要請に応える”という美智子さまのお言葉どおりだと思います。

この夏のような頼もしいご一家の様子をみれば、美智子さまは安心して、お役目を次世代に託すことができると思います」(渡辺さん)

これから、さまざまな紆余曲折が予想される陛下の「生前退位」問題。

しかし、雅子さまは、美智子さまから伝えられた“新皇后”としての覚悟を深められ、活動の幅を広げていかれることだろう。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。