雅子さま、着実に固まる次の皇后への決意

"美智子さま流"をしっかり継承

7月21日、神武天皇陵に向かうため、最寄りの駅を出られる愛子さまは大人びたよう

2004年の古希(70歳)のお誕生日の文書回答で、「伝統」と「次世代への引き継ぎ」について、

「お若いころより伝統を今にいかしつつ、時代の要請に応えていこうとなさる陛下のお気持ちは、いつか私のものともなって、このお気持ちをともにしつつ……」

と述べられた皇后美智子さま。

そのお言葉どおり、陛下に従いながら、美智子さまは伝統行事の宮中祭祀に熱心に取り組む一方で、自然災害の被災地では、被災者と同じ目線で慰問する“平成流”を確立された。

私生活でも乳人制度の廃止やプライベートキッチンの設置など、育児や家庭に関するそれまでの宮中の慣習を改められ、国民から多くの支持を集めることになった。

そして、7月13日に報じられた陛下が在位中に皇太子さまに皇位をお譲りする「生前退位」のご意向も、美智子さまはすでに了承されているという。

22年ぶりの神武天皇陵のご参拝

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

この夏、お出ましの面では、雅子さまは美智子さまの“流儀”を着実に受け止めようとされているようだ。

皇太子ご一家は、7月21日から1泊2日で、奈良県にある初代天皇とされる神武天皇陵をご参拝。京都大宮御所に宿泊し、翌日は京都御所を見学されてから帰京された。

次ページ7年ぶりに宮中祭祀への参列
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT