カブールで自爆テロ、少なくとも80人死亡 

「イスラム国」が犯行声明

 7月23日、アフガニスタンの首都カブールで、少数民族ハザラ人らによる抗議デモの最中に2回爆発があり、内務省によると少なくとも80人が死亡、231人が負傷した。写真は事件現場に散らばる犠牲者の靴(2016年 ロイター/Omar Sobhani)

[カブール 23日 ロイター] - アフガニスタンの首都カブールで23日、少数民族ハザラ人らによる抗議デモの最中に2回爆発があり、内務省によると少なくとも80人が死亡、231人が負傷した。過激派組織「イスラム国」(IS)系のニュースサイトが犯行声明を出した。

地元のテレビは事件現場に多くの遺体が横たわる様子を映している。

IS系ニュースサイトは「2人の戦闘員がアフガニスタンのカブールで、シーア派の集会で自爆ベルトを爆発させた」とする短い声明を発表した。

一方、反政府武装勢力のタリバンはウェブサイトで関与を否定した。

アフガンの情報機関の当局者らは、イスラム国に所属するアブ・アリという名前の男が攻撃計画を立て、3人の実行犯が攻撃に関与していたとしている。

ハザラ人はアフガンでは少数派のイスラム教シーア派を信仰しているため、スンニ派のISやタリバンからしばしば攻撃の対象にされるという。

米ホワイトハウスやロシアのプーチン大統領が相次いで今回の自爆攻撃を非難する声明を発表、治安対策でアフガンを支援するとあらためて表明した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本ブランドを売り込め!<br>中国向けEC販路の最前線

中国で2015年以降に広がったライブコマース。「ソーシャルバイヤー」が商品説明をライブ動画で配信しネットで注文を受ける、ECの新手法だ。東京からの配信開始で、日本企業も熱い視線を注いでいる。越境ECの新しい販路をリポートする。