JR東海・東日本、「新型」新幹線はこう変わる 2020年メドに量産、JR東とは方向性に違い

印刷
A
A

一方、JR東日本の近年の新幹線の新型車両は、過去5年間を振り返っても東北新幹線E5系、秋田新幹線E6系、北陸新幹線E7系などバラエティに富んだ車両が営業投入されている。JR東日本の車両開発の歴史をさかのぼれば、大量輸送を想定した2階建てのE1系、E4系といった車両も登場している。

東海道新幹線だけを抱えるJR東海に対して、JR東日本は高速走行が可能な東北新幹線、勾配の多い北陸新幹線、本来は在来線である秋田新幹線、山形新幹線といった具合に、路線によって抱えている課題がまったく違う。それが、車両設計の違いとして具現化されたといってよい。

JR東日本が抱えている課題の一つが東北新幹線の高速運転だ。現在東北新幹線は宇都宮~盛岡間で時速320キロ運転を行なっているが、盛岡以北は整備新幹線区間であり時速260キロに減速してしまう。これではせっかくの新幹線も宝の持ち腐れだ。

盛岡以北で高速走行試験を実施

高速走行を念頭に開発された東北新幹線E5系(撮影:尾形文繁)

そんな中、JR東日本は2014年に東北新幹線・盛岡~七戸十和田間で深夜の時間帯に時速320キロの走行試験を実施した。整備新幹線区間は最高時速260キロという前提で建設されているため、時速320キロの走行試験が周囲の環境にどのような影響を与えるか。「騒音などのデータ収集が目的」とJR東日本は説明するが、将来の時速320キロ運転を念頭に置いていることは間違いないだろう。

さらにいえば、JR東日本は過去には高速試験車両を開発し、東北新幹線区間で時速360キロの走行試験を行なっていたが、最終的に現行の時速320キロに落ち着いた。ただ、JR東日本は今も時速360キロ運転の旗印を下ろしていない。

E5系の営業運転開始は2011年。次期モデルについて語るのは時期尚早だが、もし数年後に東北新幹線の次期モデルが登場するとしたら、時速360キロを実現できる車両かもしれない。

関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT