ニース「自爆テロ」を"正当化"する側の論理

イスラム過激派「テロは殉教で自殺ではない」

自爆テロの遺族は、組織や基金によって金銭的に丁寧に遇される。レバノンのヒズボラは遺族に対する支援組織を構築している。おそらくシーア派固有の聖人である、イマーム・アリー、フセインの部分を除くと、ISに代表されるスンニ派自爆テロの合理化も、「ジハードによる殉教は自殺ではなく天国への直行ルート」、という構成だろう。

ところが、スンニ派が採用した自爆テロで最も有名なテロは、2001年9月11日の米国同時多発テロであるが、スンニ派自爆テロは必然的に、敵対する宗派シーア派に向かうことになる。

この7月3日、イラクの首都バクダッドで、スンニ派のISが断食月(ラマダン)明けの祭りに集まったシーア住民を攻撃した自動車爆弾テロでは、一度に242人が死亡した。今では自爆攻撃は元祖シーア派より、ISの代表とされるスンニ派が活発、という皮肉な事態になっている。

ソフト・ターゲットが狙われる

イスラム教徒のうち、ISやアルカイダに代表されるサラフィー・ジハード主義者の割合は、ごく少数。ほとんどの信徒は、イスラム教に即した安全で穏やかな生活を望み、実践している。しかし、少数だがテロリストは存在し、世界に拡散する。

彼らは、最も弱く、人が集まり、攻撃しやすい場所を、ソフト・ターゲットして狙う。空港や鉄道、バス、競技場、集会所、宿舎、バーなどが、対象にされやすい。

8月に開催される、ブラジルのリオ・オリンピックが無事に終わることを、祈るばかりだ。

参考文献:『ヒズブッラー 抵抗と革命の思想』(現代思潮新社、2015年)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT