子なし夫婦「私は夫を尊重して産まなかった」

それでも掴んだ、彼女なりの幸せ

学生時代からの女友だちの間で「一番派手な結婚式を挙げそう」と言われ、自身でもそう思っていたが…

少子化の今、産まないという考え方は“悪いこと”なのだろうか。

多くが出産を望み、命が生まれることは素晴らしいことだ。しかし、“産まない”という選択肢を選ぶことも否定はできない。決して子供が望めない体でもない、嫌いなわけでもないが、産む決断と同じように、産まない決断をする女性も増えている。

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

これまで、20代にして産まないことを決意した和香(29)DINKSでいることを選んだ真奈美(36)独身を謳歌しているバツイチの恵美(43)結婚15年目を迎えた香織(46)20代から38歳までの人生を振り返った雪乃を紹介した。

今回は夫の意思を尊重して、産まないことを選んだ美和子(43)を紹介しよう。

子供を作るより、彼と過ごす人生を選びたかった

美和子は34歳の時に9歳年上の真治と結婚した。出版社で書籍の編集をしている美和子と、外資系メーカーに勤める真治は、2年間の交際期間を経て、ハワイで身内だけの式を挙げ、日本に帰ってから小さな披露宴を開いた。

それぞれの年収は美和子が1300万、真治は1600万とゆとりがある上、美和子は、学生時代からの女友だちの間で、「一番派手な結婚式を挙げそう」と言われており、若かりし頃の彼女もそのつもりでいた。だが実際は、決して派手ではなくむしろ控えめな披露宴で済ませた。

理由はシンプルで、真治にとっては2度目の結婚式だったからだ。彼は美和子と結婚する5年前に離婚しており、一人息子もいた。

真治とは友人を介して何度か顔を合わせるうちに親しくなり、デートを重ねるようになった。彼の離婚や息子のことは、初めのデートで聞いていた。年齢的に、結婚も意識していたからやはり、彼の事情が気にならなくはなかった。バツイチの相手との結婚を想像したことはなかったのだ。

次ページ思いもしない言葉
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。