結婚15年「産まない」選択をどう感じている?

寝室は大事なコミュニケーションの場

結婚15年目、産まないことを貫き通してきた香織(46)に話を聞いた

少子化の今、産まないという考え方は“悪いこと”なのだろうか。

高齢経済社会研究センターでは、厚生労働省が毎年発表する都道府県別の合計特殊出生率について、全国値と比較可能な平成26年の都道府県別の合計特殊出生率を計算し、以下のように発表した。

1位:沖縄県(1.88人)、47位:東京都(1.20人)

地方に比べ女性の自立が進んでいる都会では、晩婚化が進み“出産”から少しずつ遠のいてしまう現状がある。このままでは少子化が進み、2060年には65歳以上の高齢者が、日本全体の約40%を占めると言われているのだ。

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

多くが出産を望み、命が生まれることは素晴らしいことだ。しかし、“産まない”という選択肢を選ぶことも否定はできない。決して子供が望めない体でもない、嫌いなわけでもないが、産む決断と同じように、産まない決断をする女性も増えている。

これまで20代にして産まないことを決意した和香(29)、DINKSでいることを選んだ真奈美(36)、独身を謳歌しているバツイチの恵美(43)を紹介した。

今回は結婚15年目を迎え、産まないことを貫き通してきた香織(46)に話を聞くことにした。

ふたりだけの人生ですか?幸せですよ

結婚15年目ともなれば、普通は愛情も次第に冷めていく。妻は家事など日々の忙しさに追われ構うことができず、旦那は外に女性を囲ってしまう。それを付き合いが長ければしょうがないと諦め、結婚なんて所詮そんなものとどこかで諦めてしまう気持ちも出てくる。

次ページなぜふたりは「産まない」ことを選択したのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。