ロバート・キャパ、戦争写真のミステリー あの傑作は、誰が撮ったのか?

✎ 1〜 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 最新
拡大
縮小

写真が売れるようになってからも、アンドレはキャパの名を使い続けた。当時はアーティスト名をつけることは珍しくなく、ゲルダ・タローも本名ではなかった。当時パリにいた芸術家の岡本太郎の名から取ったと言われている。

たった1年の活動期間

スペイン内戦が始まると、キャパはスペイン語のできるタローと戦場に向かった。タローも写真を撮り、自分の名で雑誌に発表するようになる。カメラは、キャパはライカ、タローは正方形の写真が撮れるローライフレックスを主に使っていた。

タローは女性兵士や戦争孤児、農民、犠牲になった遺体にも臆することなくカメラを向けた。写真からは20代のタローが夢中でシャッターを切っている熱が伝わってくる。

展覧会でタローのパートを企画構成したICP(国際写真センター)のシンシア・ヤングさんは、「スペイン内戦では、キャパ、タロー、デヴィッド・シーモアの3人の写真が国際的なニュース誌に配信されました。

現在の報道は客観性が求められますが、彼らの写真は主観的でした。つまり反フランコ的、反ファシズム的な立場を支持した報道だったのです」と語る。

画像を拡大
ゲルダ・タロー《マラガからの難民、アルメリア》1937年2月 ゼラチン・シルバー・プリント、ICP蔵、© ICP

「タローの作品を見れば、彼女がいかに熟達した写真家だったかがわかる」とヤングさんは言う。けれども、そのタローがカメラを手に活動したのは、1936年8月~37年7月のわずか1年間だった。スペイン内戦の取材中に、戦車にひかれて亡くなってしまったからだ。27歳の誕生日の6日前だった。彼女は戦場を取材中に死亡した初めての女性写真家となった。

それから数十年、タローはキャパの恋人として語られることはあっても、写真家としての業績が顧みられることはほとんどなかった。しかし、タローとキャパの残したフィルムや資料の研究が進み、2007年にニューヨークのICPでタローの初めての個展が開催された。

横浜美術館ではICPで展示された作品を見ることができる。タローの作品がまとめて紹介されるのは、もちろん日本では初めてになる。

次ページキャパ、最後の写真
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT