「億超えサラリーマン投資家」の夜ふかし対談

株式投資家×不動産投資家、ホンネで語る

三浦:1枚目は……「億超え個人投資家は賃貸派が多い件」にしましょうか。確かに、私の周りには、持ち家派よりも、賃貸派が多いです。でも、アンケート結果のような数字は見たことがないです。

DUKE。:不動産投資家は、物件をたくさん保有しているから、そのうちのひとつに住んでいるっていうイメージがありますが……。

三浦さんは、持ち家ですか? 賃貸ですか?

三浦:賃貸です。投資物件は、貸したり、売却することで、金利以上の利益を得られますから、自分が借りる家賃を十分にまかなえます。

持ち家だと、何も利益を生みませんし、金利の支払いで資産が目減りします。DUKE。さんは、どうなんですか?

もし家を買っていたら、億を超える資産は築けなかった

DUKE。:私も賃貸です。株式投資を始める前は、家を買う誘惑に駆られました。世間では、「家賃を払うのはもったいない」「家はなるべく早く買うべき」「持ち家は資産になる」などという考えのほうが多いと思います。

でも、家を買うと、株式投資の資金がほとんどなくなってしまいます。それに、三浦さんが言うように、家は人に貸さない限り、おカネをまったく生みません。今にして思うと、ここが大きな分岐点でした。

三浦:分岐点ってどういう意味ですか?

DUKE。:もし家を買っていたら、億を超える資産は築けなかったと思います。いまだに住宅ローン地獄が続いて、クビにならないように、会社にしがみついて生きていくしかない。

若いビジネスマンには、よく考えてほしいと思います。住宅のセールスマンの言葉にダマされてはいけません。彼らは、家を売ることが仕事であって、他人の資産形成など二の次です。

三浦:確かに、資産形成なんて考えていないですね。そうだ、不動産投資家で成功する人の考え方をしているかどうかを知る簡単な質問があるのですが、DUKE。さん、やってみますか?

次ページあなたは、5000万円を何に使いますか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT