「億超えサラリーマン投資家」の夜ふかし対談

株式投資家×不動産投資家、ホンネで語る

2人のサラリーマン投資家に、老後のおカネの不安がなくなるためのヒントをもらう(撮影:今井康一)
「退職金と年金だけで老後の生活をやっていけるのだろうか……」。書店に行けば「老後不安」をテーマにした本が並び、テレビでは年金危機を煽るかのような番組が放送されている。これで「不安になるな」というのが不思議な話。今の給料では、安心して老後を過ごせるだけの資金を貯められるかわからないという読者も多いのでは?
そこで、普段は普通の会社員として働き、仕事以外に「投資」でおカネを増やしている2人のサラリーマン投資家に、老後のおカネの不安がなくなるためのヒントをもらおうと対談してもらった。最近、『1勝4敗でもしっかり儲ける新高値ブレイク投資術』を出版したDUKE。氏と、総投資額25億円の不動産を保有するサラリーマン大家の三浦隆氏から、どんな話が飛び出すのか?

普通の会社員が億を超える資産を持てるのはなぜ?

発売早々大増刷! 帰宅後のわずかな時間を利用して、2倍、3倍、ときには10倍以上に大化けする銘柄を探し出す株式投資術を、著者の実際の投資事例をもとに解説

DUKE。:今日は、東洋経済さんから3枚のカードを預かっています。

普通の会社員なのに億を超える資産を持つ個人投資家にまつわる噂を、首を突っ込んだり、突っ込まなかったり、日テレの深夜番組「月曜から夜ふかし」みたいに語り合ってほしいそうです。

三浦 隆(以下、三浦):マツコ・デラックスさんが出ている番組ですか?

DUKE。:株主優待の桐谷広人さんは、この番組で話題になったんですよ。マツコさんって、投資に興味があるんですかね? 興味があるなら、会いたいですよね。

では、1枚目からいきましょうか?

次ページ1枚目のカードは、持ち家か賃貸かについて
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT