米国で警官による黒人射殺が相次いでいる

ネットに動画公開、反発広がる

 7月7日、米ミネソタ州セントポールで6日夜、車を運転していた黒人男性が停止を求めた警官に銃で撃たれて死亡した。前日にはルイジアナ州バトンルージュでも黒人男性が白人警官に撃たれて死亡する事件が発生。オバマ大統領は7日、2つの事件について「多くの米国人が感じている怒りと不満、深い悲しみ」を感じているとフェイスブックに書き込んだ。写真はワシントンで6日撮影(2016年 ロイター/Gary Cameron)

[セントポール(米ミネソタ州) 7日 ロイター] - 米ミネソタ州セントポールで6日夜、車を運転していた黒人男性(32)が停止を求めた警官に銃で撃たれて死亡した。前日にはルイジアナ州バトンルージュでも黒人男性が白人警官に撃たれて死亡する事件があり、警察の対応に反発が強まっている。

ミネソタ州の事件では、車に同乗していた女性が事件直後に動画を撮影し、交流サイトのフェイスブックに投稿。動画には血を流して意識を失っている男性の様子が生々しく記録されている。

警察は男性が拳銃を所持していたと明かしたが、同乗していた女性は男性が合法的に銃を持っていたと説明。男性はそのことを警官に伝え、身分証明書を出すためにポケットから財布を出そうとしたところ撃たれたと語った。

一方、ルイジアナ州の事件では、37歳の男性が白人警官2人と口論の末に撃たれて死亡。これを受け抗議活動が行われたほか、ソーシャルメディア上で批判が相次いでいる。

司法省はルイジアナ州の事件について既に捜査を開始。ミネソタ州の事件についても調査していると明かした。

また、オバマ大統領は7日、2つの事件について「多くの米国人が感じている怒りと不満、深い悲しみ」を感じているとフェイスブックに書き込んだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT