新型「ベンツAクラス」に乗ってみた

輸入高級車ブランドがコンパクトを攻めるワケ

内外装の高級感だけでなく走りの質感に味がありながらも、エンジン排気量や車体サイズは控えめ。価格もそれなりに高い――。ベンツをはじめとする欧州勢は、こうしたプレミアムコンパクトが強い。BMWの「1シリーズ」「MINI」、アウディの「A3」などがそうだ。

一方、国産車にはプレミアムコンパクトに当たるモデルがほとんど見当たらない。あえて挙げるとトヨタの高級車ブランド「レクサス」の「CT200h」ぐらいだろうか。

ここが日本車の弱点に見えて仕方がない。

日本車メーカーを縛っているのは、「車格」という概念だ。エンジン排気量、車両サイズ、装備、高級感、価格。ボディタイプを別にすると、日本車はこれらの要素が等しく正比例する傾向が強い。エンジン排気量に応じてボディサイズ、装備、内外装の質感を横並びにしているきらいがある。日本勢同士でライバルメーカーに併せた対抗モデルを投入し合っている分野も少なくない。

消費者は飽きていないか

そんな日本車の商品ラインナップに、消費者も飽き気味なのかもしれない。「プレミアム」とまでは言い切れないが、2012年の車名別販売台数ランキングで、トップ2を独占したトヨタ自動車の「プリウス」や「アクア」といったハイブリッド専用車の人気が高いのは、こうした「車格」から離れた価値観の提供により、評価されている面もありそうだ。

実は、メルセデス・ベンツはBクラスの6年ぶりのフルモデルチェンジ効果も手伝って、2012年の日本における販売台数(新規登録台数)は4万1901台と前年比26%増、輸入車全体(前年比17%増)を上回り、日本のベンツとしては過去20年間で最高の伸び率となった。

次ページ崩れた「車格」という概念
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT