名古屋人も知らない新幹線「車両基地」に潜入

日本の鉄道のすべてが愛知県にそろう?

線路幅には、一般的な鉄道より短い「ナローゲージ」と呼ばれる規格がある。一般的な鉄道の線路幅は1067ミリだが、ナローゲージは762ミリ。国内の普通鉄道線で現役のナローゲージ路線は3路線あるが、うち二つが名古屋圏にある。四日市あすなろう鉄道の内部・八王子線と三岐鉄道・北勢線だ。車内に足を踏み入れ、ロングシートに腰を下ろすと向かい側のシートが間近にある。その狭さを実感する瞬間だ。

SLも走っている

このほかにも明治時代の建築物を保存、展示する「明治村」では、現役で走る日本最古の蒸気機関車「SL12号」「SL9号」に乗ることができるし、豊橋市では路面電車が市民の足として営業運転中だ。近畿日本鉄道の豪華観光特急列車「しまかぜ」にも名古屋では乗車するチャンスがある。

日本最古?の「亀崎駅」(写真:記者撮影)

「日本最古の駅舎」も名古屋圏にある。JR武豊線の亀崎駅だ。駅舎内に貼られた建物資産標には「M19年(明治19=1886年)1月」と記されている。ただ、気になるのは1895年に同駅で火災が起きたという記録があること。「当時の駅舎は焼失して後年再建された」「屋根だけ焼失して建物は当時のまま」など諸説あり、本当に日本最古かどうかは議論の余地がある。130年前に造られた駅舎にしては、それほど古びていないようにも見える。

日本最古の跨線橋がある「半田駅」(写真:記者撮影)

同じくJR武豊線の半田駅には「日本最古の跨線橋(こせんきょう)」がある。跨線橋とは駅舎とホームをつなぐ橋のこと。1910年(明治43年)に完成した木造の橋は、いかにも長年の風雪に耐えてきた貫禄がある。名古屋に腰を落ち着けて、鉄道をテーマに旅してみると新たな発見が得られるかもしれない。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT