シンガポールで再び三菱商事について考えた

日本にとってグローバル化は損か得か?

したがって、資源メジャーに負けないように、投資条件もグローバル化しなければ、競争にならないのだ。ここが大事なのだが、グローバル競争とは弱肉強食の世界だから、日本だけがローカルルール、というわけにはいかない世界である。

資源メジャーはいずれも多国籍企業である。多国籍企業にとってみれば、地球上で最も活動しやすい場所を検討してオフショア地域を選択した結果、シンガポールが最適であっただけの話だ。その意味では、日本の大手商社が国益に資するために、シンガポールに移転する、という見方も出来るのだ。

日本でも沖縄にオフショア地域を作れ

では、優良企業が海外移転すれば、企業が逃げるから日本の税収が減ってしまうのではないか、という危惧がある。確かにその通りなのだが、ならば、企業が逃げないように手を打てばよい。

日本政府だってその気になれば、たとえば沖縄県をオフショア地域にすることだって可能だ。世界の投融資が集まりやすい経済環境を沖縄県に構築すれば、海外からの投融資はドンドン集まってくるだろう。

日本は海洋大国である。ついでに尖閣諸島も国家プロジェクトとして大開発をするぐらいの発想を持っても良い。中国企業でも台湾企業でも共同で海底石油資源の採掘に着手すれば良いのだ。

次ページ環境を整備することが重要
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。