シンガポールで再び三菱商事について考えた

日本にとってグローバル化は損か得か?

私の問い合わせに対する彼らの説明はこうだ。

「シンガポール通産省は外国籍企業にとって、資源確保を実行しやすい環境を整備してきており、通産省内におかれたIES(International EnterpriseSingapore)は、外国籍企業の誘致も積極的に行ってきた。資源のないシンガポールは、海外の優良企業を招致するために、20年以上も前から貿易インフラや金融インフラを整備してきた」との説明を受けた。日本の「空白の20年」の間に、シンガポールはぶれない政策を実行してきたわけだ。

資源開発には莫大な資金が必要だ。金融市場の整備はもとより、投融資をしやすくするために、ジュニアと呼ばれる資源探査企業も、カナダや豪州から来やすいように誘導してきた。資源企業の株式市場への上場もしやすい。今や世界の資源メジャーは、すべてシンガポールに本社を移しているとの報告を受けた。

実際、単に節税する目的だけなら、たとえばドバイに本社を移せば法人税はゼロである。世界中に税金を取らないオフショア国家はいくらでもある。だが、シンガポールは金融、運輸、通信、貿易、人材、R&D、などの全てのグローバル機能を備えた環境を構築してきたのだ。

非鉄メジャー最大のBHPビリトンが2007年頃に移転していたのは知っていたが、リオティントもアングロアメリカンもバーレも、本社は全てシンガポールになっているという。

資源探査企業のカナダのアイバンホーや、世界最大のメタルトレーダーであるスイスのグレンコア(資源部門はエクストラータ)なども、シンガポール市場を主戦場としているようだ。ならば、三菱商事の金属資源部門が移転するのも当然だ。いや、むしろ、遅いくらいだ。

世界のグローバル競争の実態とは

日本企業でも、三菱商事をはじめとする総合商社は、各社とも1件あたり2000億円以上の資源投資を実行している。これらのプロジェクトはJBIC(国際開発銀行)の協力を得て進めて来た、いわば国家プロジェクトである。

次ページグローバル化の本質とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。