バングラ内相「武装集団から要求なかった」

「ISは無関係」との見方

 7月3日、バングラデシュの首都ダッカにあるレストランで日本人7人を含む外国人ら20人が武装集団に殺害された事件で、同国のカーン内相は3日、武装集団からの要求はなかったと明らかにした。写真は犠牲者にたむけられた花やろうそく。ダッカで撮影(2015年 ロイター/Adnan Abidi)

[ダッカ 3日 ロイター] - バングラデシュの首都ダッカにあるレストランで日本人7人を含む外国人ら20人が武装集団に殺害された事件で、同国のカーン内相は3日、武装集団からの要求はなかったと明らかにした。また、過激派組織「イスラム国」(IS)は事件に関与していないとの見方を示した。

カーン内相は自宅でロイターの取材に応じた。事件をめぐってはISが犯行声明を出したが、内相は襲撃を行ったのが国内の過激派グループで、ISは無関係との政府見解をあらためて示した。

また死亡した実行犯6人のうち3人は22歳未満で、半年間行方が分からなくなっていたと明らかにした。

専門家らは、重傷を負って病院に搬送された容疑者が捜査に極めて重要な存在だとみている。ただ、カーン内相はこの人物の襲撃への関与ははっきりしないと述べた。

捜査に当たる警察関係者は3日、武装集団がISやアルカイダなど国際武装組織と関連があったかどうか調べていると明らかにした。この関係者によると、武装集団のメンバーの大半は高学歴で裕福な家庭の出身だったという。

バングラデシュ警察のトップは、メンバーが全員バングラデシュ人だったとし、「このうち5人は過激派としてリストアップされ、当局が複数回にわたり逮捕を試みていた」と述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT