ソニー、「スライドパソコン」量産化の秘密

好調の「VAIO Duo11」、安曇野工場に行ってみた

「大部屋」で開発

実現できたのは、スピードアップだけではない。

「従来は設計でもマージン、製造でもマージンという具合に、いろいろな部署が余裕というかのりしろを持って仕事をしていた。商品を良くしたいという思いは共有していても、他の部門に迷惑をかけないように、という思いからどうしてもそうなってしまう。そして、そのマージンが積みあがるとどうしても分厚くて余裕のあるデザインになってしまう。ところが、大部屋、ワイガヤのスタイルでやるようになってからは、そうしたマージンがなくなった。これにより、高密度実装をいっそう追求し、究極の薄さ、究極の使い勝手を目指せるようになった」(林統括部長)

製造ラインの入り口。入って右側がDuo11の製造ラインになっている

では、工場の製造現場にはどのような秘密が隠れているのか。右の写真は入り口から製造現場を覗いたところ。ベルトコンベア方式ではなく、コンパクトなセル型の製造ラインになっている。

製造現場にはさまざまな工夫がある。その代表的なものをあげると、まずは「IPS液晶ディスプレイユニットへのカメラ用レンズ台の取り付け」である。ディスプレイ上部に開けられた穴に正確にレンズ台を置くため、位置決め専用のアシスト装置を自社開発した(左下写真)。

カメラレンズの位置を決めるアシスト装置。自社開発の装置だ

ディスプレイメーカーにあらかじめレンズ台を付けるガイド用の突起を付けてもらえばこうしたアシスト装置は必要ない。しかし、そうすると薄さを犠牲にしなければいけなくなる。また見た目の美しさにも悪影響がある。そのため、手作業で1つ1つ正確に取り付けることにこだわった。

 

次ページマザー工場のノウハウをEMSへ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT