ソニー、「スライドパソコン」量産化の秘密

好調の「VAIO Duo11」、安曇野工場に行ってみた

こうした独自の装置を用意できるのは、設計部隊と量産立ち上げ部隊が大部屋にいるからだ。量産工場の設計を担当するソニーイーエムシーエスGDP部の長澤敏行担当部長は「設計の早い段階から頻繁に打ち合わせをしているため、ほかには絶対に真似をできないようなギリギリのところまで追求できる。製造装置を自作できるのも強みだ。製品設計が終わったときには量産ラインも完成している、という形になっており、垂直立ち上げをできる」と胸を張る。

スライド方式を可能にした秘密兵器

この装置のおかげでスライドパソコンが実現した

DUO11の最大の特徴であるスライド型の構造も、「@安曇野」だからこそ実現できたものだという。左の写真を見てほしい。これはCPU・キーボード側と、ディスプレイ側をつなげているところだ。

1人の作業員が効率的に作業できるようにつくったのがオレンジ色をしている装置。写真のためわかりにくいのだが、この装置には2本の配線をすばやくつなぐためのノウハウが盛り込まれている。鏡が付いているのも、失敗することなく配線作業を行うための工夫だ。

「スライド型の難しさはヒンジの構造の問題で配線が難しいこと。手の届かないところに配線をするためにはどうすればいいのか。その難題を解決してくれたのが、工場の現場が開発してくれたこの装置。これがなければスライド型はあきらめざるを得なかった」(林統括部長)。

ソニーストア直販の場合、保護フィルムの貼り付けサービスを行っている

なお、「@安曇野」ならではの工夫としては、タッチ画面への保護フィルムの貼り付けサービスも行っている。クリーン度を保った囲いの中で作業員が丁寧に保護フィルムを貼っていた。

長野工場で生み出した製造ノウハウはEMSへ委託する際にも、活用している。平井一夫社長は1月17日のインタビューで「日本国内でしかできないものは国内でつくる。さらに国内工場には、量産の技術やノウハウを蓄積し、海外の自社工場やEMSへ展開していく役割がある。そうしたマザー工場、マザー製造事業所ということを日本で引き続きやっていかなければならない。円安が進んだとしても、この構造が大きく変わることはない」と発言している。

マザー工場としての役割という点では、長野工場は優等生的といえるだろう。あとは世界シェアを伸ばせるような差異化商品を継続的に生み出し、赤字が続くエレクトロニクス事業の損益改善に寄与できるかどうかが問われている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT