ソニー、「スライドパソコン」量産化の秘密

好調の「VAIO Duo11」、安曇野工場に行ってみた

長野県の安曇野で生産

65カ国/地域で販売しているVAIOの総販売台数は今期850万台(前期840万台)の予定。その中に占めるDuo11の比率は必ずしも高いわけではないが、その果たす役割は重要である。長野県安曇野市豊科にある生産子会社のソニーイーエムシーエス長野テクノロジーサイト(長野工場)で生産し、国内生産ならではのスペックやサービスを織り込んでいるからだ。

子会社ソニーイーエムシーエスの拠点であると同時に、ソニー本体の長野ビジネスセンターという位置づけでもある

現在、ソニーはVAIO生産のほぼすべてのシリーズを中国に工場を持つEMS(電子機器製造サービス)に委託しており、日本で生産しているのは旧モデルの「Zシリーズ」とこのDuo11に限られる。「メイド・イン・ジャパン」を続けることの意味とは何なのか。実際に付加価値を生みだしているのかどうか。長野工場の現場を取材した。

長野工場は、モノづくりだけではなく、VAIO&Mobile事業本部の本拠地である。開発・設計部隊が品川本社から移動したのは10年のこと。現在でも販売現場に近いマーケティングや商品企画部隊は品川にあるものの、本部長以下、かなりの人数が長野工場に集結している。

VAIO&Mobile事業本部PC事業部商品1部の林薫統括部長

04年から「@安曇野」という形で、生産現場と開発現場の一体化を進め、05年9月には薄型の「TXシリーズ」という形で成果を出した経緯がある。この組織一体化をより一層進めたのが10年だったというわけだ。その後も「Zシリーズ」、そして「DUO11」と独特なデザインのパソコンを生み出してきた。

「企画、設計、量産、調達などすべての関係者が一同に集まって、一度に話が進められる。それまでは設計→試作→評価→フィードバックという具合にループを回していたが、それと比べると時間の短縮が図れるようになった」とVAIO&Mobile事業本部PC事業部商品1部の林薫統括部長は言う。

次ページスピードアップだけではない効果
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT