バングラデシュで襲撃の武装集団鎮圧

外国人ら20人を殺害

7月1日、バングラデシュの首都ダッカで武装した複数の男がレストランに押し入り、人質を取って立てこもっている。写真は2日、武装集団が立てこもっているダッカのレストラン前で撮影(2016年 ロイター/REUTERS TV)

[ダッカ 2日 ロイター] - バングラデシュの首都ダッカで1日夜、レストランに押し入ったイスラム系とみられる武装集団が人質をとって立て籠もる事件が発生し、治安部隊が12時間後に突入し鎮圧した。内部では外国人ら20人が殺害されたほか、13人が救出された。

事件があったのは外国人が多く集まる地区。犯人は「アラー(神)は偉大なり」と叫びながら押し入っており、イスラム国(IS)が犯行声明を出している。

犯人のうち6人が治安部隊による突入で死亡、1人が拘束された。

バングラデシュ当局によると、犠牲者20人は大半が外国人。多くが「鋭利な武器」により殺害されたという。国籍は明らかになっていない。救出されたのは日本人1人、スリランカ人2人。

日本当局によると救出された日本人は被弾で負傷しているほか、7人の安否が不明となっている。

イタリア外務省筋によると、複数のイタリア人も人質となり殺された。伊メディア報道によると、武装集団が押し入った際に衣料関連などで働くイタリア人が7人がレストン内部にいた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。