スバル、HV成功のカギ握るトヨタの後ろ盾

水平対向エンジンの4WDモデルが13年内登場か

スバルが11月に全面改良して発売した4代目「フォレスター」

まさに“激戦区”ともいえるHV市場。最後発となるスバルの勝算はどこにあるのか。

そのカギは2つある。一つはスバルの独自性だ。

「最後発がゆえに『なるほど!』と思わせるHVを出す必要がある」。富士重の吉永社長は15日の会見で、こうコメントした。ユーザーが納得するスバルらしさとは、主力車種「レガシィ」「インプレッサ」「フォレスター」などで、長年培ってきた水平対向エンジンと「AWD」「4WD」などと略される4輪駆動技術だろう。

水平対向エンジンが生む低重心と4輪駆動の安定性

エンジンは、シリンダーと呼ばれる機構が、吸気→圧縮→燃焼→排気という工程を経て推進力を生み出す。通常のエンジンはこのシリンダーが原則として縦や斜め方向に配置されているが、水平対向は、その名のとおり横方向にシリンダーが配置されている。

メリットは低重心。車は重心が低いと走りが安定する。加えて、スバルの4輪駆動は雪道やダートなど悪路の走破性が強く、安定性が高い。12年の国内登録車販売は、全体市場が前年から26%の伸びる中、スバル車は同46%増で国内メーカーで最高の伸びを記録したのは、こうした技術に裏打ちされた商品性が評価された側面が大きい。この独自技術をHV仕様に活かしていくことが、成功を収めるカギの一つである。

もう一つのカギは、資本提携を結んでいるトヨタの後ろ盾である。スバルとトヨタは技術的な協力関係をすでに深めており、12年3月には両社で初となる共同開発のスポーツカー「BRZ」(トヨタ名「86(ハチロク)」を発売し、大きな話題を呼んだ。

次ページトヨタのノウハウは活かされる?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT