スバル、HV成功のカギ握るトヨタの後ろ盾

水平対向エンジンの4WDモデルが13年内登場か

スポーツカー[BRZ」はトヨタ「86(ハチロク)」のスバル版

あくまで独自技術で開発しているというスバルの新型HVだが、「(スバルから)人員を派遣してトヨタの開発に協力するなど、普段から勉強させていただいている」(吉永社長)とのことから、HVで先行するトヨタの技術やノウハウが、まったく活かされないワケはない。逆に言えば、トヨタの知見がどれだけ活かされるかで、スバルのHVの商品性も変わってくる。

米国への水平展開も視野に

スバルのHV投入が成功すれば、トヨタ「プリウス」の販売が好調でHV人気の高まっている米国市場への投入も視野に入る。現在、スバルにとって米国市場は最大のドル箱だ。

「新型HVは中長期的に電動車両に取り組むというなかでの最初の一手。スバルらしい走りにこだわったHVを投入していく」(吉永社長)。トヨタの後ろ盾を活かしながらも、みずからの強みを生かした車に仕上がるかどうか。バランスの取れた新車開発ができるかどうかが、HV成功のカギを握りそうだ。

(撮影:尾形 文繁、山内 信也)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。