スバル、HV成功のカギ握るトヨタの後ろ盾

水平対向エンジンの4WDモデルが13年内登場か

スポーツカー[BRZ」はトヨタ「86(ハチロク)」のスバル版

あくまで独自技術で開発しているというスバルの新型HVだが、「(スバルから)人員を派遣してトヨタの開発に協力するなど、普段から勉強させていただいている」(吉永社長)とのことから、HVで先行するトヨタの技術やノウハウが、まったく活かされないワケはない。逆に言えば、トヨタの知見がどれだけ活かされるかで、スバルのHVの商品性も変わってくる。

米国への水平展開も視野に

スバルのHV投入が成功すれば、トヨタ「プリウス」の販売が好調でHV人気の高まっている米国市場への投入も視野に入る。現在、スバルにとって米国市場は最大のドル箱だ。

「新型HVは中長期的に電動車両に取り組むというなかでの最初の一手。スバルらしい走りにこだわったHVを投入していく」(吉永社長)。トヨタの後ろ盾を活かしながらも、みずからの強みを生かした車に仕上がるかどうか。バランスの取れた新車開発ができるかどうかが、HV成功のカギを握りそうだ。

(撮影:尾形 文繁、山内 信也)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT