欧州発の金融危機に、日本株は脅えている

反発かさらなる下落か、ここは重要な局面だ

「最悪です・・。離脱になって、すいません」「あんたも大変だったな、少しゆっくり休め」。キャメロン英首相(左)とユンケル欧州委員長の会話はこんな感じだったかもしれない(ロイター/アフロ)

冒頭から平謝りです。「英国の国民投票」が行われる前の原稿では「英国『残留・離脱』どちらに転んでも世界時同時株高へ」(6月15日配信)と予想しましたが、結果はご存知の通り。予測は残念ながら外れてしまいました。

「欧州発の金融危機懸念」の芽は残る

どちらに転んでも、上がると思っていました。筆者は強い米国株を頼りに、英国の国民投票後には「超」楽観シナリオを描いていました。しかし、明らかに相場は逆方向に向いています。

まず、あんなに強かったはずの米国株がもろくも崩れかかっています。しかも、欧州株が金融株を中心に弱く下げていること、相場の反転のきっかけとなるような、具体的な金融安定化策などの発表がなく、世界の投資家は気迷いながらも、リスク資産を手放す動きを続けています。

しかも中国も、2008年の「米国発」の金融危機(=リーマンショック)時に実施した大規模な景気対策(=後のバブルを招いた)を実施する余裕は、もはやないようです。

「ブリグジット」(英国のEU離脱)をきっかけとした相場の過剰反応は短期的には落ち着くと考えています。しかし、本質的な懸念は以前からいわれている「欧州発」の金融危機の発生です。それゆえ、欧州の景気減速感やEU全体の政治的リスクが強く台頭した際には、日本株を含め世界の株式市場が再び混乱する余地を残しています。

次ページ「株価は割安」は本当か?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT