普通の会社員がAKB48銘柄で1億円儲けた!?

この投資法は下落相場でこそ「使える」!

やはり、事態は急変しました。5月16日、業務中に、証券会社からスマホに着信が入っていました。何かあったのではと急いでトイレに駆け込みました。株価をチェックしてみると、なんと一転売り気配です。午前の時点では急騰していたので安心していたのですが、完全に油断していました。緊急事態のため、トイレの中で売り注文を入れまくりました。スマホでは十分な情報が表示できないこともあり、興奮状態で、息を荒くしながら対応したのを覚えています。

この日は、午前中の時点で資産が前日よりも5000万円増えていましたが、そこからたった数時間で1億円の含み益を失ってしまったのです。翌日以降に、なんとかすべて売り切りました。結果的には新高値をブレイクした初期のころから買っていたので、1億円の利益を確定できましたが、もっと早く売っておけば2億円が手に入ったのです。あまりにも激しい資産変動だったので、気持ちの整理をつけるのに大変でした。

プロにカモられないための教訓

5月27日に、ブランジスタがスマホゲームの詳細を公開しました。「神の手」は、ゲームセンターで人気のクレーンゲームがスマホでできるバーチャル3Dゲーム。ゲットした景品が自宅に届くというのがウリで、第1弾の景品はAKB48選抜総選挙のステージ上の空気を閉じこめた「場空缶」です。

「なんだ、この景品は? 目玉としている神景品なのに、空気を売るのか? こんなゲームに飛びつくユーザーがどのくらいいるのだろう?」

発表されたリリースを読んだときの正直な感想です。モンストもパズドラもゲームが大ヒットしたから株価が上がったのです。ゲームが面白くなければ、企業業績の先行きは真っ暗です。

ところが、このリリースを受けて、下がり続けていた株価が再び上がり始めました。同時に会社が発表した収益イメージの説明(実は非常に楽観的なもの)に反応したのです。

「株価は大きく下げたけど、また盛り返すだろう」

一時的に多くの投資家がそう思ったのかもしれません。でも、これは、企業業績を無視した負ける投資家の発想です。株式投資において、楽観は敵です。ゲームの詳細が発表された以上は、現実的に、ゲームがどれくらい業績に貢献しそうかを考えずに、なんとなく上がるだろうという考えはとても危険です。

6月18日に「神の手」が配信されたので、実際に試してみました。クレーンゲームのリアルさはまったくなく、ゲームとしての魅力をいっさい感じませんでした。景品も、私には興味がないものなので、1回100円のゲームを続けようとは思いませんでした。多くの投資家が同じ気持ちだったのでしょう。株価はその翌日から急落しました。

ブランジスタ株は、株式投資歴13年の私にとっても、いい経験になりました。「この株はもっと上がる」という甘いささやきは、その先に落とし穴が潜んでいるとわかっていても、株価が急騰すると冷静ではいられないのです。売ることの難しさを改めて実感しました。ただ、同時に、私の投資術が、下落相場でも強力に機能することが証明できたのはうれしいことでした。

株式市場全体が厳しいときでも、業績が本当にいい会社は株価を上げます。個人投資家にもしっかり儲けるチャンスがあります。ただし、株価が急騰する銘柄には、プロが大勢集まってきます。プロにカモられることなく、トータルで利益を出し続ける勝つ投資家、負けない投資家になるには、自分が決めたルールに断固従うことが大切なのです。

プロにカモられないための3つの教訓
教訓1 新高値をブレイクした株式を試し買いする
教訓2 株価が急騰したときには、要所要所でさっさと売る
教訓3 甘いささやきにはルールで打ち克つ(感情にまかせて売買しない)

 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT