ビジネス・経済書「ベストセラー200」最新版

マイクロソフト関連本が1位と2位に

アマゾンの売れ筋ランキング最新版をお届け!(写真:uchico/PIXTA)

いま多くの読者に支持されているビジネス・経済ジャンルの書籍は何か。6月19日~25日にアマゾンでたくさん売れた書籍(電子版を除く)のランキングをみていこう。

1位は『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』。急成長期の米マイクロソフトでWindowsの重要部分を担当するプログラマーとして活躍した中島聡氏の書き下ろしで、締め切りを確実に守りながらレベルの高い成果物を出し続けてきた超合理的な「仕事術」を披露する。

2位もマイクロソフトに関連した書籍。昨年10月発売の『新エバンジェリスト養成講座』が急伸した。日本マイクロソフトのトップエバンジェリストが教える大人気セミナー「エバンジェリスト養成講座」を書籍化したもの。大人数を相手にしたプレゼンだけでなく、企画提案から営業、交渉の場にも役に立つ内容だ。

3位は『USJを劇的に変えた、たった1つの考え方』。多くの人は、2014年にオープンした「ハリー・ポッター」あたりからUSJが変わり始めたと 思っているはず。しかし、USJの変化はその前から始まっており、お客さんが増えた理由の半分が「ハリー・ポッター」以外の効果だという。著者が東洋経済オンラインに寄せた記事「TDLを抜いたUSJ、いったい何を変えたのか」にエッセンスがまとめられているので、ぜひ参考にしてほしい。

次ページ以降、200位までの売り上げランキングを掲載する。

次ページ1~50位は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT