「ビジネス・経済書」最新売れ筋ランキング

首位はキリンビール関連書籍

猛暑の中で売れているビジネス・経済書は?(写真:さわだ ゆたか / PIXTA)

いま一番売れているビジネス・経済書は何か。6月26日~7月2日にアマゾンでたくさん売れた書籍(電子版を除く)のランキングをみていこう。

1位は『キリンビール高知支店の奇跡』。筆者はキリンビール元副社長で営業本部長を務めた人物。地方のダメ支店の逆転劇から、営業の極意、現状を打破する突破口の見つけ方を学ぶことができる。4月発売以降、ずっと上位をキープしていたが、ここに来てトップに躍り出た。

2位は『仕事が早い人は「見えないところ」で何をしているのか?』。メールからエクセル、伝え方、任せ方、思考法まで、外資系プロジェクト・マネジャーが75のコツを伝授する。仕事のスピードアップをテーマにした書籍が今、人気を呼んでいるようで、5位、13位にも同様のテーマの書籍がランクインしている。

次ページ以降、194位までのランキングを掲載する。読みたい本探しの参考にしてほしい。

次ページ1~50位はこちら
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。