「ビジネス・経済書」最新売れ筋ランキング

首位はキリンビール関連書籍

猛暑の中で売れているビジネス・経済書は?(写真:さわだ ゆたか / PIXTA)

いま一番売れているビジネス・経済書は何か。6月26日~7月2日にアマゾンでたくさん売れた書籍(電子版を除く)のランキングをみていこう。

1位は『キリンビール高知支店の奇跡』。筆者はキリンビール元副社長で営業本部長を務めた人物。地方のダメ支店の逆転劇から、営業の極意、現状を打破する突破口の見つけ方を学ぶことができる。4月発売以降、ずっと上位をキープしていたが、ここに来てトップに躍り出た。

2位は『仕事が早い人は「見えないところ」で何をしているのか?』。メールからエクセル、伝え方、任せ方、思考法まで、外資系プロジェクト・マネジャーが75のコツを伝授する。仕事のスピードアップをテーマにした書籍が今、人気を呼んでいるようで、5位、13位にも同様のテーマの書籍がランクインしている。

次ページ以降、194位までのランキングを掲載する。読みたい本探しの参考にしてほしい。

次ページ1~50位はこちら
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?