「ビジネス・経済書」最新売れ筋ランキング

首位はキリンビール関連書籍

猛暑の中で売れているビジネス・経済書は?(写真:さわだ ゆたか / PIXTA)

いま一番売れているビジネス・経済書は何か。6月26日~7月2日にアマゾンでたくさん売れた書籍(電子版を除く)のランキングをみていこう。

1位は『キリンビール高知支店の奇跡』。筆者はキリンビール元副社長で営業本部長を務めた人物。地方のダメ支店の逆転劇から、営業の極意、現状を打破する突破口の見つけ方を学ぶことができる。4月発売以降、ずっと上位をキープしていたが、ここに来てトップに躍り出た。

2位は『仕事が早い人は「見えないところ」で何をしているのか?』。メールからエクセル、伝え方、任せ方、思考法まで、外資系プロジェクト・マネジャーが75のコツを伝授する。仕事のスピードアップをテーマにした書籍が今、人気を呼んでいるようで、5位、13位にも同様のテーマの書籍がランクインしている。

次ページ以降、194位までのランキングを掲載する。読みたい本探しの参考にしてほしい。

次ページ1~50位はこちら
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT