最新!ビジネス・経済書売れ筋ランキング

1位はUSJ大躍進の秘密がわかる、あの本

今売れているビジネス・経済ジャンルの書籍を総まくり!(写真:YUMIK / PIXTA)

いま一番売れているビジネス・経済書は何か。7月3日~9日にアマゾンでたくさん売れた書籍(電子版を除く)のランキングをみていこう。

1位は『USJを劇的に変えた、たった1つの考え方』。4月23日発売の書籍がロングヒットを続けている。なぜUSJは入場者数でTDLを超えることができたのか。多くの人は、2014年にオープン した「ハリー・ポッター」のおかげと思っているだろうが、実はUSJの変化はその前から始まっていた。著者が東洋経済オンラインに寄せた記事「TDLを抜いたUSJ、いったい何を変えたのか」にエッセンスがまとめられているので、ぜひ参考にしてほしい。

2位は『新高値ブレイク投資術』。個人投資家DUKE。氏初の著書だ。メーカー勤務の"普通の会社員"である著者が「億」の資産を築いた投資法をコンパクトにまとめてある。本書は銘柄選択手法の分かりやすい説明に加え、エントリーポイントや建玉、ロスカットの基準、仕切り、資金管理に至るまで解説されている。

次ページ以降、200位までの売り上げランキングを掲載する。本を選ぶうえでの参考にしてほしい。

次ページ1~48位は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。