性のさいはて、老女潮吹きストリップの衝撃

あなたのすぐそばに「さいはて」はある

明らかに付いて行くべきではないとわかっていながら、ついつい深みにはまっていくとは…(撮影:今井 康一)

日常のすぐそばにある「さいはて」を巡る…

あの日あのときあの本屋で、この本に出会わなかったら~♫ と思わず歌いたくなる面白さ。読んでいなかったら、今日という日は寂しいものになっていたでしょう。物好き(失礼!)な著者が、日本どころか海外までも珍スポットに出かける漫遊記。なんですがこれがもう……

この本を書いた、金原みわさんの紹介から始めよう。

「珍スポトラベラーとして、全国の珍しい人・物・場所を巡りレポートしている」とプロフィールにはあり、あの都築響一さんのメールマガジン『ROADSIDER’s weekly』でも記事を連載していて、人気を博しているとか。プロフィール欄には、「ハイエナズクラブや大阪奇食倶楽部に属し、イベントも定期開催している」と、知っていて当たり前のように書いてあるが、ハイエナズクラブってなんだろう。リンクを貼っておくので興味のある人は適宜追いかけるように、どうぞ。 

所属先に興味を惹かれつつ、本を一言で表すと「遠くにあるようで日常のすぐそばにある『さいはて』を巡る旅人、金原みわの旅の記録をまとめた紀行エッセイ集」と帯にある通りなのだけれど、この「さいはて」となる各場所各人物が読んでいておもしろいのは、金原さんが出かけて行っての化学反応があってこそ、というのが、単なる珍スポ紹介本とは一線を画すところだと思う。

目次には、「さいはて」の分類があり、「性のさいはて」(以下「のさいはて」同)=生命の潮吹きストリップ、「罪」=刑務所で髪を切るということ、「水」=淀川アンダー・ザ・ブリッジ、「異国」=タイのゴー・ゴー・ボーイズ、「食」=ゴキブリ食べたら人生変わった、「宗教」=キリスト看板総本部巡礼、「夢」=最高齢ストリッパーの夢、「人」=じっちゃんのちんちん、と続く。

次ページのっけからすごい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT