どうなる? 2013年に注目のトップ人事

トップ交代で反転攻勢を図る

難しいオーナーの引退

ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長(63)は、14年2月の65歳の誕生日までに経営を退くと公言している。後継候補はユニクロの国内・アジア事業を統括する大苫直樹氏(52)、欧米事業を統括する堂前宣夫氏(43)、商品政策を監修する中嶋修一氏(49)の3人の上席執行役員だ。柳井社長は、「世襲はしない」と語っているが、リンク・セオリー事業のグローバル会長にゴールドマン・サックス出身の長男・柳井一海氏(38)が就任。三菱商事出身の二男・柳井康治氏(35)も12年9月に入社しており、世襲の可能性もささやかれる。そもそも65歳を過ぎても柳井氏の引退はないというのが大方の予想である。

エスケー化研の創業者、藤井實社長(80)は上場企業でトップ在任期間が最も長い。長男の藤井実広常務(46)、二男の藤井訓広取締役(43)がいるが、14年6月までは続投か。

サンリオも創業社長である辻信太郎社長(85)の長期政権。後継候補は長男の辻邦彦副社長(60)だが、三菱商事出身でハーバードMBAの鳩山玲人取締役(38)も注目。ただ、辻社長が退任しても、経営から完全に離れることはないだろう。

創業者のさがという意味で興味深いのはファナック。稲葉善治社長(64)の父親で、創業者の稲葉清右衛門名誉会長(87)は、取締役でないが、研究本部長と経営本部長を兼任するうえ、国内外の主要子会社の会長を兼任し、全子会社の代表権をただ一人有する最高実力者である。

オーナー系は交代が難しい。

(本誌:企業取材班 撮影:尾形文繁、山内信也、今井康一、梅谷秀司、大隅智洋 =週刊東洋経済 2013年1月12日号)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT